貯めたほうがいい

お金はしっかり貯金してためたほうがいいですけれども、

他にも貯めたほうがいいものがあります。

信用、経験、卒業の単位・・・。

いろいろある貯めたほうがいいものの中でも、

私が、貯めるのをお勧めしたいのが

「仕事」

です。

・・・

「仕事貯めちゃうんです」

最近、そう言う人の気持ちが、

だんだんわからなくなってきています。

なぜか?

私自身が、

「喜んで、積極的に貯めるタイプ」

だから。

たしかに、すぐに片づけてしまったほうが楽なこともあります。

でも、ある程度、手間暇かかる、

一瞬で片付かないようなことは、

積極的にためてからやったほうが

「いいこと」があったりします。

では、

「いいこと」とは何か?

一言でいうと、

「早く終わる」

ということ。

ためたほうが早く終わるとは・・・。

意味不明に思えるかもしれません。

でもちゃんと意味があります。

積極的にためようとしなかった時よりも

積極的にためようとしたほうが、

結局早く終わるのです。

でも・・・、

「早く」は終わるけれど、

「楽」に終わるわけでも、

「余裕」で終わるわけでもありません。

尻に火がついて「ヤバイ(汗)」と本気で思ってやるから

集中して、短い時間で成果が出るというわけです。

積極的にためられる人と、

積極的にためずに仕事が遅い人の違いは一つしかありません。

積極的にためられる人は、

「尻に火が付けば、頑張って終わらせられる人間だと」

自分のことを「信じて」います。

積極的にためられない人は、

尻に火がついても、終わらせられる自信がない。

1.自信がないから先延ばしする
 ↓
2.先延ばししても進捗しない
 ↓
3.先延ばさせている自分を責める
 ↓
4.責めると余計意欲が落ちるからやらない

以下、1~4をくり返す。

ここまでではっきりしたとは、

仕事でも、家事でも、勉強でも、

先延ばししてためること自体には

何の問題も罪もないということ。

仕事自体は進んでいなくても、

気にしている時間も働いているようなもの。

それも労働時間と考えれば、

自信をもって仕事を先延ばしして貯めて、

気にしないこと。

その気にしていない時間を有意義に使えば

もっといろいろなことができるし、

終わらせなければいけないその仕事自体の

作業時間も減ります。

つまり、早く終わったことになります。

仕事をためることの最大の問題は、

貯めていることを

「気にしている」

ことだけが問題。

焦りながらでも終わらせる自信があれば、

先延ばしは何の問題もない。

だから私は喜んで、尻に火がつくまで

放っておきます(笑)。

放っておけば放っておくほど、

仕事の効率が上がるという、

面白い現象が起きるわけです。

・・・

でも、そういうと反論がきます。

「ギリギリになってやると、あとから、もう少し早く始めていたらもう少し丁寧に質を高めたり、あるいは他のなっているいろいろなことができたはず・・・」

そう後悔し、反省するという人がいます。

でも、安心してください。

時間がたくさんあっても、

どうせあなたは、やらない人だから(笑)、

と、いつも伝えています。

みんな苦笑いしますが、自分でも

うすうす気が付いているのでしょう。

「早く手を付け始めたら、もっとたくさんのことができる」

ことくらい、最初から分かっていること。

分かっていてもできないのが人。

「じゃあ、もっと時間があったらどうしてますか?」

いや、

「実際に時間があったのに、どうしてましたか?」

と問いかけてみたら、答えは明らか。

どうせ、やらなかったで・・・。

となる。

「時間があれぼできたはず」

というのは幻想で、ファンタジーの世界。

たしかに、世の中には、

そういうことができる人はいます。

でも、世の中に存在するからといって、

あなたが同じことができるとは限らない。

世の中には年収10億円の人がいるけれど、

あなたがそうではないのと同じ。

あなたが住む世界には、早く済ませるという

選択肢はあるようでいて、実はなかった。

それが事実。

だから

「時間があったら、もっとできたはず」。

なんて思わなくていい。

そんなつまらないこと気にするよりも、

もっと大事なのは、

「追い詰められれば、やれる自分である」

という事実をちゃんと認めること。

・・・

ギリギリ終わらせることには何の問題もない。

「ギリギリに終わらせることが悪いことだ」

と思うことが問題。

ギリギリでも終わらせらることができる自分を

目いっぱい信頼して、できたときはほめてあげればいい。

日頃から自分を信頼し、ほめてあげさえすれば、

罪悪感を感じることもないし、

日常がネガティブなエネルギーで

支配されることが減る分だけ

その間の人生が充実するし、

最終的な仕事の効率もあがります。

・・・

ポイントは、

「何となく先延ばしして貯める」

のではなくて、

「喜んで積極的に貯める」

ことです。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「『もっと出来るハズ』はない。いまが限界でベスト」。

責めても人は成長しない。

人を責めるのも、自分を責めるのも

やめた方がいい。

もっと違ういいものに目を向けよう。

<お知らせ>

なぜ私がギリギリでもやり切れる自信があるのか?

ひとつには、

あえていままでギリギリやってみた経験が多いから。

ときには間に合わなくてイタイ経験をしたこともある。

でもだんだん要領を得てきたから出来るようになった。

はじめから、上手にやろうと思うこと自体が

自信過剰で、うぬぼれ。

失敗しながらやればいい。

もう一つ、出来るようになった理由は、

同じ時間の中で、どうすれば

効率よく物事を処理できるか?

効率的な脳の使い方を数年前に

学んで身につけたから。

エラそうにいっているけれど、

数年前までは、私もいつも先延ばししている

罪悪感と戦っていました。

でもそれは、過去の話。

12月2日からはじまる2日間の

アクティブ・ブレインセミナーは

脳の効率を何倍にもあげる方法を

脳にインストールするための講座です。

その過程で2日間で250個以上もの単語を

覚えられるようになってしまいます。

脳への信頼を高めたい

脳に自信がない人のための講座です。

アクティブ・ブレイン・セミナー
※残席わずか
 ↓
http://bit.ly/2hBL8Fi

 

logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /2刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」