続報、娘が47都道府県を1時間で覚えたテストの結果

その後

昨日、早朝に娘と1時間ちょっとで

47都道府県を覚えた話を書きました。

帰ってきた娘にさっそく聞いたら、

結果は5つほどかけなかったのだそうです。

でもその理由をきいて、

わたしは嬉しくなりました。

その理由とは、

「時間が足りなかったから」。

なぜ時間が足りなかったら

嬉しいかというと、

それは、

ちゃんと私が教えた通りの方法でやっていた

証(あかし)だからです。

娘には、満点取ったら100円上げると約束をして

大喜びで試験に臨みました。

もし私が娘の年頃の子供だったらたぶん

どんな方法を使ってでも満点を

取ってやろうったでしょう。

直前に今までのやり方を捨ててでも、

ムリクリな方法でも

やり方を適当に変えてでも・・・。

でも娘は最後まで一緒にやった

イメージを呼び起こすという作業を

あきらめませんでした。

型を崩さず最後までやりとおしたこの経験は

きっと今後人生のいろいろな場面で、

役立ってくれると思ったら嬉しくなったのです。

というわけで、

満点ではなかったものの、

ご褒美として100円をあげました。

・・・

とはなりません(笑)

最初はしつこく

「先生がくれた時間が足りなかったから、私のせいじゃない」

と言って100円をねだる娘を諭し、

満点取れた時に100円あげると約束したうえで、

今回は50円+努力料5円をあげました。

最後に一言

「こういう覚え方できたら、勉強も少しは楽しいだろ?」

という問いかけに

「うん!」

と嬉しそうに大きくうなずいた

娘の姿を見て目を細めるのでした。

・お知らせ

イメージ力は子供だけでなく大人にもあります。

イメージを使った効率的な記憶法講座は

8月1、2日飯田橋で開催です。
http://goo.gl/38u1fd

・・・

子供のために将来のレールを

引いてあげたいと思う親はいまもたくさんいます。

でもその引きたいレールの多くは、

子供が引いて欲しいレールではなくて、

実は親が過去の自分の経験から

”引きたくなっているレール”

だったりましす。

レールを引いてもらうことで

未来を作れる子ももちろんいる一方で、

仮に大学を出て新卒で就職しても、

3年以内に35%の人は辞めてしまうわけです。

そんな様子を見ていると、

人生を成功に導きそうな

見かけのレールではなくて、

心のレールがちゃんと引かれてることの方が

よっぽど大切であるように思えて仕方ありません。

心のレールとは、

「自分で何かに向かっていく力」

「たとえ何かに迎えなくても自信を持ちつづける力」

のようなもののことです。

試験でも何でも、

結果がよければそれはそれで素晴らしいです。

でも仮に結果が今は思わしくなくても、

心のレールをちゃんと引かれていれば、

エネルギー高く人生を歩んで行けるはずです。

これは子どもも大人も同じですね。

目に見える結果の方よりも、まずそこに向かう

心のエネルギーの高さで人を見てみましょう。

・心のエネルギーの高さで人をわかろうとする聴き方の講座は
7月18日、8月13日、8月22日東京、
8月27日大阪、開催します。
http://goo.gl/vtJ5ij

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座 

著書「聴く力の強化書」 /自由国民社聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」