他人の価値の決め方が、自分の価値の決め方と同じ

他人から安く見積もられるのも腹立たしいが、

自分で自分の価値を値引きすることほど、もったいないことはない。

・・・

何でもタダや安価で教えて欲しがる人がいる。

ヒドイときは、有料の講座の内容まで

ただで聴きとろうとする。

こちらがやんわり拒否すると、

口には出さなくても心の中で

「ケチ」と言って機嫌が悪くなる。

どっちがケチなのか教えて欲しい。

私は講座で頂いたお金で、

子どもたちにご飯を食べさせている。

わたしの子どもにご飯を与えるのを危うくしてでも

自分だけが得をしようとする人がいる。

ハッキリ言ってしまえば、

「安ければ行くんだけれど」

というなら、来なくていい。

「高くても行きたい」

と思うなら来て欲しい。

そう思ってもらえる

講師になろる努力の方が前向き。

駆け出しの頃はだいぶ自分を

安く見積もって切り売りしてきた。

それは、安すぎる自分の実力に

見合っていたからべつに悪くはない。

いまだって価値があると思う

人や場所なら安い値段でも喜んでいく。

でも、自分が得するためだけに

相手の人生を切り売りさせようと

してくる人間はお断り。

・・・

だいたい、

安く手に入れたもので、

高価な人生が作れるわけがない。

ときに、高いなと思っても、

自分に必要な投資だと思って

手に入れるからこそ価値がでる。

「元をとってやろう」

という必死な姿勢になるから学びも多い。

安く手に入れたものでは、いっときの

「ラッキー、得した」

しか手に入らない。

本気で学ぼうという人は、

自分への投資を怠らない。

本気でない人ほど、

安く済まそうとする。

人の言動には、その人の心がよく表れる。

・・・

もっというと、

あなたと言う存在は、

タダのものだけで固めて良いほど、

安い価値のものではないはず。

お金も手間もかける価値が十分ある

存在ではないだろうか。

私自身はそう思っている。

何でもタダや安く欲しがる事は、

自分を安く見下しているのと同じ。

誰だってお金にいつも

余裕があるわけではない。

ただ高ければいいと、

言っているのではない。

投資はしてみたけれど

「高い勉強代だった」

と感じることもある。

でも、そんな失敗することがあっても、

「自分を生かそう」

という意欲さえ持ち続けている人であれば、

続けているうちにうまくいくときが必ずある。

つまり、

自分をあきらめないということ。

安く手に入れたもの

そのものが問題なのではない。

自分の人生に必要な大切なものを、

安く手に入れようとする気持ちが安っぽいのだ。

自分を生かすのは自分。

自分に投資するのも自分。

自分をもっと大切にしよう。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「自分の価値を自分で下げない」

お金だけの話ではない。

他人をよく責める人がいる。

その人は、

他人を責めながら自分を責めている。

それもまた、

自分の価値を否定しているのと同じ。

人は、他人を否定しながら

自分も同時に否定している。

お金も人間も、目先に安さに

とらわれた値引きは良くない。

<お知らせ>

11月受験の方に頼まれて、

10が宇13日にキャリコン筆記試験対策講座を

急きょ開催することにしました。

11月受験以外の方も参加できます。
 ↓
http://bit.ly/2xTV4Gt

 

logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /2刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」