なんちゃってプラス思考の人はいませんか?~ 著書「聴く力の強化書」原文より抜粋

例えば私の場合、見栄っ張り、プライドが高い、怒りっぽい、自尊心が低い、飽きっぽい、冷たい…など、まだまだたくさんのイヤな自分がいます。

私はそれをいつでも凝視しようとするし、感情が動くたびに探しています。

それがありのままの自分をわかる事だろうと理解しています。

そして面白いことにちゃんと自分のいやと思う部分がクリアに見えてくると、苦しくなるのではなく安心するのです。

人間の脳には見えない訳がわからない状態がストレスです。

いい悪いにかかわらずクリアに見えることは安心につながります。

でもそれを怖がる人は、目をそらします。

そんな悪いものはなかったことにしようとします。

するといつも存在がよくわからないもやもやしたものに脅かされるようになります。

逃げれば逃げるほど追いかけられることになります。

自分の中に実際にはあるものにいい悪いのラベルを張って目をそらすことのどこがありのままなのでしょうか?

プラス思考について語るのは上手なのに、から元気に感じたり、その人自身からプラスのエネルギーを感じない、そういうなんちゃってプラス思考の人はあなたの周りにいませんか?

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ…/自由国民社

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座著書「聴く力の強化書」 /自由国民社聴き手育成プログラム(企業向け)メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」