階段を拭くのは3段までがいい

また朝掃除の話題になります。

玄関掃除のあと、洗面所に向かう途中の階段もぞうきんで水ぶきしています。

ぜんぶで13段あるのですが拭くのは

したから3段だけ

です。

これにはわけがあります。

脳にとっては中途半端というは

とても気持ちが悪いじょうたいです。

欠けたリンゴという話をご存じでしょうか?

りんごに一カ所でもかじられて

欠けている部分があると、

たとえ欠けているのが全体の

1%だけであったとしても、

人間の脳は、

「このリンゴは不完全で食べられないリンゴ」

と判断するのだそうです。

人間の脳は「あるもの」より

「足りないもの」を探すのが得意で

とても気になります。

これをりんごではなく、

世の中に置きかえて考えてみましょう。

世間は自分が思う通りに

すべてが進むということはありません。

欠けている中途半端な状態を受け入れられない人は、

10のうち1だけでもやってみればいいのに、

1では価値がないからといって一つもやらない選択をします。

すると当然、一つも前に進みません。

中途半端を受け入れて、

少しでもいいからやっみると、

一歩踏み出した世界から次の一歩が

見えてくるということはよくあります。

13段ある階段の3段(ときどき4段)で止めておくことは、

欠けていることに慣れると同時に、

中途半端でも価値があることを見いだすための

脳のトレーニングになります。

・・・

一方、玄関は完璧にすべてを拭きます。

これは完全に仕上げることで、

完成する喜びを知るのに役立ちます。

「完成させる喜び」と「中途半端でも喜べる」こと。

この両方の感覚がもてると人生は前に進みやすいと思うのです。

だから階段は3段だけ拭くのがちょうどいいのです。

・おしらせ
傾聴1日講座は7月18日に開催です。

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座著書「聴く力の強化書」 /自由国民社聴き手育成プログラム(企業向け)メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」