「終わりよければ」効果を使う

「終末効果」と「初頭効果」。

この2つの関係性を知れば、人は今までよりも数段

幸せに暮らすことができるかもしれない。

・・・

おとといから瀬戸内海に浮かぶ

大久野島(うさぎ島)に来ています。

6歳の息子は飛行機が好き。

気流が乱れて、多少ゆれても怖がらない。

乗れるだけで、とにかくうれしい。

先日、来るときも羽田の搭乗口を離れ、

滑走路に向かうため飛行機がバックを始めた時、

外に誘導係のお兄さんが、手を振っているのが見えた。

息子は、喜んで大きく手を振り返していた。

本当に子どもというものは純粋。

うさぎ島は広島空から30分ほどの、

忠海港からフェリーで10分で着く。

港につくと、そこから送迎バスで5分。

炎天下を歩くと15分かかるので、

みんな送迎バスを使う。

ホテルから帰るときは、逆に、

ホテルから送迎バスで港に向かう。

ホテルに到着したバスが、

そのまま折り返して、港に逆戻りすることになる。

・・・

一泊した最初の早朝、

ホテル横の波打ち際で、このBLOGを書いていた。

そこに朝一番の、港に向かう

送迎バスがホテルの入り口前にやってきた。

続々と乗客が乗り込み、出発の時間になったとき・・・、

ホテルから、手があいている従業員さんが5名ほど出てきた。

そして、

バスに向かって、サヨウナラと手を振りはじめた。

その光景を見た時に、

行きの飛行機に向かって手を振っていた

誘導係のお兄さんの姿がかぶって見えた。

・・・

人の心理には、「初頭効果」と「終末効果」がある。

初頭効果は、いわゆる「第一印象」。

終末効果とは、「終わり良ければすべて良し」。

そして、

第一印象よりも、最後のインパクトのほうが、

人間の脳には強く残ることがわかっている。

終末効果>初頭効果、というわけだ。

だから、

旅先に来て「いらっしゃいませ」と言われた時の印象よりも、

旅立ちの最後に手を振ってもらったときの印象のほうが、

その場所の思い出全体が、

よい思い出として印象に影響を与えるのは当然。

一つの心理テクニックともいえる。

終末効果は、当たり前にいつも、

みんなの心に影響を与えている。

そこでふと疑問がわいてきた。

「この当たり前の効果を、自分に対して使いこなせているだろうか?」。

以前の記事「笑顔の裏づけ(http://bit.ly/2qMb5Xw)」

で紹介した知人女性は、

夜寝る前に寝るとき布団の上で、きまって

どんな小さなことでもいいから

「その日1日で嬉しかったこと」を思い返して

「うふっ」と笑ってから眠っているという。

夜寝る前、「明日」に向かって出発する自分に笑顔で

「今日も一日ありがとう!」

と手を振っているだろうか?

一日に最後をどう終えるかは自分次第。

終末効果を悪用すれば、

いいことが何かあったはずの一日も、

「ああ、今日もイヤな一日だった」

と言って終えれば、悪い印象で終えることもできる。

悪用しようと思わなくても、

終末効果を知らなければ、無意識に

悪い一日で終わらせてしまっていることもある。

・・・

バスで見送られ手を振り返す乗客と、見送る従業員さん。

両方の笑顔を見ながら思った。

「人を見送るときは、今まで通り笑顔で見送ろう」。

そして、

「自分が一日を終えて寝るときも、自分を笑顔で見送ることにしよう」。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「自分の一日を、幸せで終わらせてあげる」

最終的に私を笑顔にできる人は、

この世に一人だけ。

私だけしかいないのですから。

<お知らせ>

人に何かを期待するのではなく、

自分に何かを期待する生き方に興味がある方は

傾聴サポーター養成講座で

他人と自分への傾聴力を身に着けてみませんか?

8月11~13日資格取得集中講座in大阪開催。
 ↓
http://bit.ly/2l9QFok

 

logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /2刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」