闇にも丸を付ける

人は「悪いことがあるから、幸せになれない」

という勘違いをしやすい。

・・・

11歳の娘とはLINE友達になっている。

(家族なので当然)

ある日、自分のスマホに表示されている

娘のLINEのプロフィール欄をふと見たら、

いつのまにやら、みんなに見せる

一言プロフィール欄に

「心に闇があるのでお気をつけて!」

と書かれていることに気付いた。

「どんな闇なのか???」

興味を持ちつつも、

娘はYoutubeを見るのが好きなので、

「どうせいつも見ている動画サイトの、誰かのキャラをマネでもしているのだろう」

と、特に触れず受け流すことにした。

でも、

闇があるのが本当ならば、

その原因の半分は、よく叱る私の責任かもと思った。

その日の午後、

たまたま家の2階にあるリビングにいたら、

1階の玄関をガチャガチャ開ける音がした。

娘が小学校から帰ってきた。

その瞬間、心にイタズラ心が芽生えた。

「驚かしてやろう!」。

リビングの入口の扉の脇にある

死角に身を隠して、待った。

「ドン、ドン、ドン・・・」

娘が、階段登ってくる音がする。

「こんなドキドキ、いつぶりだろう」。

とても楽しい。

娘の階段を昇る足音が、

近づいてくるにしたがって、

足音以外のあるものが聞こえたきた。

「フンフン、フフーン♪」

娘は、鼻歌を歌っていた。

その瞬間、先ほどの心の闇の話が脳裏によみがえった。

「心に闇があるヤツが、鼻歌うたうか?」

心の中で突っ込んだ。

そして、

ついに、リビングの扉を開けた。

その瞬間、

「わぁ!!!」

と、低い声で驚かせてみた。

下手をすれば、驚いた娘に

激怒されるリスクもあった。

娘は、顔が一瞬(でも相当)ひきつったあと

「びっくりしたぁ~、ハハハハ(笑)」

と笑った。

その表情を見て思った。

「笑える子でよかった」。

・・・

心に闇はあってもいい。

鼻歌が歌えないほど、深い闇でなければ。

心に闇はあってもいい。

笑えないほど、硬い闇でなければ。

抱えられるくらいの闇なら、

私自身も持っている。

過去には、抱えられないくらいの

闇を抱えたこともある。

その時は、のたうち回ることになるけれど、

いつか誰かに助けを求めればいい。

闇の原因の一つかもしれない、

私に相談しにくければ、

他の誰かに頼ればいい。

闇は、なければ幸せだろう。

でも、

闇は、抱えていても、

幸せになれることを知っている。

激怒されなかった安心感と、

娘の闇があまりに深すぎないことが分かった安心感。

両方がごちゃ混ぜになりながら、

内心ホっとした。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「●●だから生きられない→●●でも生きられる、にしよう!」

欠点や短所を見つけると

すぐ直そう、改善させよう、

とする人がいる。

それは「いい悪い思考」が強いからそうなる。

欠点や短所はあっても人は幸せに生きられる。

そう信じていれば、

むやみに改善活動をしようとはしないはず。

いいものがあるから、

自分は素晴らしいと思うのは、

条件付きの愛。

「欠点や短所があっても、自分は生きられと信じる」。

それこそが、本当の「自信」でしょう。

あなたは、出来ない自分にさえも

丸を付けられる自信がありますか?

自分に丸さえ付けられれば、

他人に丸を付けるのも簡単になります。

<お知らせ>

自分を認め、他人を認める、傾聴のスキル
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

 

logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /2刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」