見えない誰か

タイトルが怪しいけれど、

暑くなってきたからといって、

怪談をしようというのではない。

「いまの仕事の魅力」についての話。

・カウンセラーや講師業を始めた当初は、こちらが、サービスを提供することに精いっぱいで、相手に伝わったかどうか考える余裕がなかった。

・しばらくすると、相手への伝え方を工夫するようになった。

・伝え方を工夫しているうちに、ちゃんと「伝わった」という、よい反応をもらえるようになった。目の前でその人が「変わる」姿が見られるようになった。

・「変わる」人が増えるように伝え方を改善・向上させてきた

これがここ2、3年やってきたこと。

目の前で人が変わる瞬間を

見られる仕事なんてめったにない。

そこにやりがいを感じる。

ところが、最近、

魅力はそれだけはないことに

気づいてしまった。

目の前で人が変わる姿を

見る以上の喜びとは・・・。

「見えない誰かが喜んでる」

ことがわかった。

・・・

最近どこに行っても出会う人から

「メルマガ読んでます!」

といわれるようになった。

講座に来る人も、

「何年も前からメルマガを読んで気になっていたのが、ようやく来れた」

といっていただくことも増えた。

つまり、

メルマガを読んでくれている人たちというのは、

私の知らないところで、私に興味を持ち、

人生の時間や心を使って

くれているということになる。

読みたくなければ、解除すればいいだけ。

でも、ときどき目を通したくなるということは、

私の知らないことろで、

メルマガがある人生と、ない人生の違い、

の変化を与えたことになる。

・・・

私が発信し続ける限り、手が届かない、

見えないところで、今日も勝手に

誰かの人生を私は変えている。

講座をして、目の前で

人が変わる姿を見るのも楽しい。

でも、

目の前にいない人たちが、

私の存在により変わっているのだと思うと、

なんだかそれもワクワクする。

間接的に影響を与えていると思うと楽しい。

・・・

カウンセリングも似ている。

目の前で変わってもらおうとするのは

まだ、あまい気がする。

カウンセラーと会っていない時間に

その人が、勝手に変わることに

期待できるようになったら本物だと思う。

会っている時間なんて、

たいして長い時間ではない。

会っていない時間に、何を感じ、

どう変わっているのかが大事・

数年前には、想像することもできなかった

手が届かないところで起きる変化への

喜びを感じられるようになってきた自分を

誇らしく思う。

やはり私は、C.ロジャーズが言う傾聴の人間観、

「人間は、自己成長力を持っている」

「問題を解決するのは本人だ」

を信じずにはいられない。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「見えない変化を信じる」

これからもまだまだ、気づいていない

違う人生の喜びかたがあるような

そんな予感して楽しみだ。

<お知らせ>

東京傾聴1日講座7月15日(土)。

大阪傾聴1日講座7月20、22日(木日)。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

 

logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /2刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」