欲求不満にさせてあげる

人から何か要求されたとき、穏やかに断れず、

つい感情的な言い方で拒絶してしまうことはないだろうか???

・・・

先日、仕事中に娘から電話がかかってきた。

普段、あまりかかってこない娘からの電話は

たいてい、いい知らせであることがない。

恐る恐る出ると、案の定こんな電話だった。

娘「スマホゲーム用のアイテム買って!」

最近のゲームは、ゲームを進める際に使うアイテムを

買い足していくシステムのものが多い。

それを買えという。

私「お小遣いで買うならいいよ」

娘「ない」

私「じゃあダメ」

娘「来月のおこずかいから引いて」

私「前貸しはしない」

娘「イヤだぁ、買って!」

私「イヤダ」

娘「だって前、ポケモンGOのアイテムは買ってくれたでしょ!」

(たしかに・・・)

ポケモンGOは私自身がはまっていたから

娘にも買ってやりたくなった。

でも、いま娘が希望するゲームに全く関心がない。

娘「何が違うの!?同じでしょ!?」

という娘に、胸を張ってこう答えた。

私「そう同じさ。でもポケモンGOはお父さんが買ってあげたくなったから買った。そのゲームにお父さんは関心がない。だから買わない(笑)」

娘「そんなのお父さんの都合でしょ!ズルぅ~い!」

私「そう、お父さんの都合だよ。お父さんはずるいのだ!(笑)」

矛盾することを自分に許している私は、まったく悪びれず拒否をした。

最近の子は何でもすぐ手に入るから、我慢が足りないという。

社会人になれば、自分の希望が叶わないことなど山ほどある。

少し欲求不満になれさせることも必要だろう。

来月のお小遣いまで、あと10日ある。

これは欲求不満に慣れるための練習だ。

電話を切り、娘に「ガマンしろ!」とメールをうった。

・・・

しかし、この欲求不満の我慢の練習は、

娘だけがするものではないいことを内心知っていた。

いつでもすぐ買い与えたくなってしまう

私自身の、欲求を押さえる練習だった。

・・・

誰かから何か言われて感情的に

言い返したくなる時がないだろうか?

もしあるとしたら、

それは、相手から何かを言われたら、

それを受け入れてしまいそうになる

気がしているからではないだろうか?

ノーと言って構わない自信が100%あれば、

感情的に拒絶する必要などない。

ノーと言ってはいけない気がするからこそ、

感情的にならざるを得ない。

何か言われると揺らいでしまう自分を

感じているから、怯えて怒る。

それは、相手の問題ではなく、自分の心の問題。

他人の言動を制止することなどできない。

でも、自分の心がゆるぎにくくなるよう、

自分への信頼を高めることはできる。

たとえ矛盾していても、イヤなことは

ニコッと笑って「イヤダ」と言ってしまえばそれでおしまい。

あなたは、胸を張って穏やかにノート言えますか?

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「人に不満を持つときは、自分に自信がないとき」

逆をいえば、人から不満をぶつけられたときは、

「この人はいま自信がないんだな」

と思えば、穏やかにやり過ごすこともできるだろう。

<お知らせ>

自己肯定感が上がると、他者肯定感も上がります。

自分を知り、人を知る傾聴1日講座は、7月5日飯田橋で開催です。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

 

logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /2刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」