たしかに心は言葉に表れている

心は言葉に表れている。

久しぶりにそれを実感した。

傾聴の講座でも学校でも、

私が直接カウンセリングをしてるところを

長時間、受講生に見せる場面はあまりない。

伝えること、やってもらうことが多い。

でも年に数回、時間があるときに

ミニセッションをやって見せることが、ときどきある。

先日の講座もそうだった。

実際のクライエント役を立てて、

30分ほどのセッションをした。

セッションが終わったあと、

観察していた受講者から質問が来た。

「先生はクライエントにいくつか「質問」をしていましたが、どういう質問をするか、どうやって決めているのですか?」

面談中の自分を思い出しながら、

質問への答えを一生懸命、心に問いかけてみた。

そして、気づいたまま伝えた。

「質問は決めていません。・・・というか、質問をしようと思って聴いていません。ただ相手を支えようと思いながら一生懸命聴いていると、ふと訊こうと思うことが湧き上がり、質問する事もあるというだけです。意識は質問より『一生懸命、支持しよう!』ですね。」

そういった瞬間、

受講者が自分のノートを見て驚いた。

「先生・・・、2か月前に全く同じこといってますね(笑)」。

目をやると確かに2か月前、

「質問しようとするのではなく、支持しようとするのが大事」

と書かれていたノートが確かにあり、

グルグルと赤い丸で囲まれていた。

そんなことを自分が言った

記憶は残っていない。

書いた本人も覚えていなかった。

でも、書いてあるのだから言ったのだろう。

自分としてはただ、いまここで

起きたことを見つめて話しただけなのに、

2か月前と同じ思いで、今日もいる自分がいた。

「どんな気持ちでいるのか?」

「何を大切に生きているのか?」

自分の中にある思いでも、

いちいちそれを、毎日

気にしながら生きている人はいない。

自分の中にあっても、

自分で気づくことは困難だ。

でもこうやって、

過去を振り返って見せてもらうと

確かにそのような思いが

あることが明らかになる。

傾聴の「くり返し」「要約」の技術と

同じだなと思った。

偶然ではあるが・・・。

また、ノートではあるが・・・。

自分の想いをくり返してもらって、

確かに私は、質問より支持を大事にしている

自分であることを改めて確信できたのだった。

そして、受講生の脳にももきっと、

支持が大事という言葉が

くり返せば、くり返すほど、より深く刻まれていくことだろう。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「確かに心は言葉に表れている」

<お知らせ>

偶然ではなく、よき聴き手として

意識して明確化する方法は

4月6日の傾聴1日講座でお伝えします。
 ↓
http://bit.ly/2k1gHKi

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」