「あたりまえ」の強さと怖さ

赤ちゃんが初めて立ちあがったときは嬉しいのに、

成人したわが子が立ちあがっても

別に嬉しくないのはなぜでしょうか?

・・・変な質問ですが、でもときど、

そんなことが気になります。

そして、答えはこう思います。

「それは、できて当たり前と思って見ているか?できなくて当たり前と思っているか?見方の『前提』が違うからではないか。」

と。

できて当たり前と思って見ていると、

できないときに腹が立ちませんか?

でも、昨日まで立てなかったのが当たり前の

赤ん坊が立ったときのように、

出来ないのがあたりまえだと思っていると、

出来たときにすごく嬉しいのではないでしょうか?

見ている方の前提により、

心の受け止め方が変わり、

出てくる反応も変わってくるというわけです。

・・・

カウンセリングを同じです。

「相手を信じる」と一言で言っても

二種類あります。

「きっと、できると信じる」

というように、

「できる/できない」を信じるという

前提の持ち方もあれば、

「できなくでも、苦労しながらでも、この方は自分らしい人生を歩めると信じる」

と言う風に、

よりよく生きることを信じているという

前提の持ち方もあります。

私がいつも信じているのは後者なので、

仮にこちらが提案した策や

クライエントとの間でよくよく話し合って

決めた約束を、次回やってこなくても

腹が立つことがありません。

たとえやらなくても、

「その人は、自分の人生を生きているにちがいない」

と信じているからです。

やってこなくてあたりまえ。

やってきたら、むしろ感心します。

・・・

他人に腹が立つのは、

表面的なものの形や、何かよさそうな結果がでることを

あたりまえと思うからではないでしょうか。

もうちょっと深いところにあるものや

ネガティブな感情もあたりまえと認められると、

表面的な出来事、結果に心が惑わされにくくなるでしょう。

・「できて当たり前」→「できなくて当たり前」

・「きっと、できると信じる」→「できなくても良い人生を送ると信じる」

前提の持ち方が大切です。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「『あたりまえ』が変わると人間関係が変わる」

あたりまえを決めているのは自分です。

子供でも部下でも。

こちらの都合によって、

感情をぶつけられたらかないません。

「あたりまえ」に気付き、

「あたりまえ」を疑ってみましょう。

<お知らせ>

自分を知り、人間関係を良くしていくことを本気で知りたい方は、

傾聴サポーター養成講座にお越しください。

自分と他人、両方のサポーターになる方法をお伝えしています。
 ↓
http://bit.ly/2hQVgLM

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

http://bit.ly/2hQVgLM

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP