正しくても受け入れられないこと

11月の末にも寒い日がありましたが、

ここ数日、ものすごく寒くありませんか?

インフルエンザも流行り始めたそうですし、

本日開催の記憶術講座も、

インフルで欠席の方が出ております。

食べ過ぎた方が多い(だろう)正月明け

体調は大丈夫でしょうか?

個人的なことですが、

寒いのが大の苦手でして(汗)。

この時期になると本気で「冬眠」できないものかと思います。

でも、人によっては

夏の暑いのよりはマシという人もいますし、

むしろ冬が好きという人もいますね。

感じ方は人それぞれでありますが、

長野出身でありながら(出身だから?)

寒いのが大の苦手な私は、

今のこの時期が一番の耐えどころであります。

寒いのが苦手なので、冬になると、

寝るときはかなり厚手の毛布をかけて寝ます。

上から包み込んでくれるような

毛布の柔らかい感触が大好きです。

ところが、

そんな毛布をかけて寝るのが大好きな私にとって、

衝撃的なニュース(?)がありました。

そのニュースとは・・・

「毛布は『掛布団の上から』かけたほうが暖かくなる」

というのです。

何かの番組の中で、布団メーカーの人が

解説しているのを聞いて驚きました。

一応、順番を確認しておきますと

私は普段、上から順に

「掛布団→毛布→自分→敷布団」

にしています。

その専門家が言う順番は、そうではなくて

「毛布→掛布団→自分→敷布団」

だというのです。

その情報を聞いた瞬間、納得・・・ではなく、

「それじゃ意味ないだろ!」

と心の中で叫びましたね(笑)。

だって私は、暖かいのもいいですが、

あの上から包み込んでもらうような

毛布の柔らかさも好きなんです。

それなのに、毛布を一番上にかけてしまったら、

掛布団のざらざらした感じだけになってしまいます。

意味がないじゃないかと・・・。

いちおう試しにどんなものかと

一回やっては見たものの、

暖かさよりも、肌ざわりが

気持ちよくないインパクトの方が強くて

もとの順番に戻してしまいました。

そしてさらに、

最近になってもう一度調べてみたら

もっと暖かくなる方法があるのだとか。

毛布を一番上にかけるのも

そこそこ暖かくなるようですが

毛布を自分の「下に敷く」方法が

最も熱効率がよく、

より温まりそうだということがわかりました。

つまり、

「掛布団→自分→毛布→敷布団」

の順番です。

それも試してみました。

自分の下ではありますが、毛布に触れられる分、

前よりましではありますが、

汗をかき湿った感じがしたのと

掛布団が軽く感じてしまって、

やはり自分的にはしっくりこないのでありました。

それに、敷いてしまったら

それはもう毛布じゃなくて

「敷布団じゃん!」

とツッコみたくもなりますし。

やはりあの上から包み込むようなのと、

適度な重さが好きなのであります。

あなたはどんな布団の敷き方が

気持ちよく眠れるでしょうか?

温かさを求めたいかは、2つの方法を

よかったら試してみてください。

・・・今書きなが良ふと思いつきました。

もしかして2枚毛布を用意して自分を上下で挟んだら、

暖かさと心地よさの両方を

味わえるのかもしれませんね(笑)。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「正しいことが心地よいとは限らない」

布団の使い方以外にも、理屈は正しくても、

心地悪くて受け入れられない。

そんなことは他にもありそうな気がします。

<お知らせ>

正しさよりも、人の気持ちを理解する

傾聴1日講座を1月11日に飯田橋で開催します。
 ↓
http://bit.ly/2gDTlve

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」