無理せずに聴くことなどできるだろうか?

傾聴は「無理をしなくていいんだよ」と
肯定も否定もしない言葉を
マニュアル通り発することではない。

無理をしなくていいなどと言ってもし
相手が無理をしたい人だったらどうするのか?

表面的な言葉では相手の存在を肯定して見せても、
実は裏で相手の想いを否定している。

みんな表面的に見えるやり方、言い方ばかりに
とらわれて思いに耳が向かない。

これこそが頭で分かっていても
聴き上手が増えない本当の理由。

傾聴では事柄ではなく感情をきく。

事柄は事実関係だからすべて
頭の中でイメージして見える。

みんな見えることが大好き。

見えないと気持ち悪くてつきあいきれない。

目に見える答えになど頼らず、聴き手自身が
感じたことを肯定し自分と上手くつきあえるようになれば、
いい方など自然と伝わる形に変わる。

この思考のクセに気づかない限り何年
練習しても聴き上手にはならない。

どうしたらいいかわからなかったら
まず考えるのをやめる。

そして聴ける人に聴いてもらい
自分との関係を見直すのがいい。

聴いてもらった体験がない人が
聴くことはとてもムズかしい。

どこに向かって自分が
練習しているのかわからないから。

聴いてくれる人がそばにいなかったら

・・・

自分で自分の心を傾聴するしかない。

自分の心をちゃんと聴けているかわからないなら人のための傾聴1日講座
http://keicho.aeruba.co.jp

聴くとは何かを知るメルマガにはもう読んでいますか?
http://keicho.aeruba.co.jp/ml-tsubo0.php