~ネガティブな話をどこのように聴くか~ 著書「聴く力の強化書」原文より抜粋

「ガンなんです」
突然知り合いからこんな話されたらどうしますか?
思わず驚いて言葉を失ってしまうかもしれません。
その時、無理やり何か言わなければと声を搾って出してみても、何か上辺だけ取り繕ったみたいで、差しさわりない対応してしまったと後悔するかもしれません。
ガンに限らず命にかかわる話、性の話、内容が怖い話をどう聴いたらいいか困った経験がある人はいるのではないでしょうか。
ではどう聴くか?
答えは「そのまま傾聴でくり返す」です。
「そんな怖い話、くり返しちゃっていいんですか?」とよく言われます。
逆です。
怖い話もちゃんと聴きたいならくり返せないと聴けません。
くり返せないとあなたが怖がって聴けないという事が相手に伝わります。
相手が使った言葉はその人の中ではすでにOKが出ている言葉です。
では怖いと感じているのは誰でしょうか?
あなたです。
「ガンなんです」と言われた時に「ガンなのね」とくり返さず、「そう・・・」とお茶を濁してしまったら、相手はもうそれ以上深く話したくなくなるでしょう。
どこまで聴くかは自分と相談して決めてください。
でももし怖い話もちゃんと聴きたいなら、相手が使った言葉を自在に返せるように訓練しましょう。
訓練の中には言葉をくり返す練習だけでなくあなた自身にとって何が怖いことなのか自分のフィルターをしっかり見ることも必要になります。

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

楽に聴ける聴き方を身につけるには
 ・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中


無料メール講座
 ・ 傾聴のつぼ入門編 (全10回)
 ・ 記憶のつぼ入門編 (全10回)

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
 ・ 初心者のための記憶術
 ・ アクティブ・ダイエット
 ・ アウトプット読書法
 ・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 : 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」