三点法で理解する

みなさんは「三点法」というのをご存知でしょうか?

入り口はポケモンGOの話から始まりますが、

傾聴力に関わる話ですので

よろしければ最後までお付き合いください。

・・・

私が最近、楽しんでいるいるポケモンGOには、

「近くにいるポケモン」を表示してくれる機能があります。

この機能は自分が、ポケモンの半径200m以内にいるときに

通知してくれる機能なのです。

でも通知してくれる内容は、

「近くにいる/いない」

がわかるだけで、

「いったいどの方向に向かえば出会えるか」

はわかりません。

あとは、実際に歩きながら探すことになります。

当然、最初は半径200m以内にいても、

歩き出した方法が逆なら、

半径200mを越えてしまった時点で(遠くなるので)

「近くにいるポケモン」からは消えてしまいます。

近くにいることはわかっても、

方向がわからないので、

近辺をウロウロ歩き回ることになります。

その歩き回って探すというのが、

ゲームの楽しみの一つであります。

それはともかく、

実は、ポケモンのいる位置を

正確に知る方法があります。

それが

「三点法」

です。

ちょっと複雑ですが解説します。

図を見てください。

・・・

自分がいまいるのが「A地点」で、

★印がたどり着きたい場所(ポケモンがいる)とします。

でも、どの方向に向かえば

★印の場所にたどり着けるか

まだわからないわけです。

一つだけあるツールは、さきほどの

★印から半径200mにいるときは

「近くにいる」という表示が出て、

200m以内にいるかどうかだけわかります。

★印の場所にたどり着きたいなら、

まず、どの方向でもいいので

とにかく「A地点」から移動し歩き始めます。

この例では仮に「B地点」の方に歩き出したとしましょう。

歩き出すときに、

何歩歩いたかを数えながら歩きます。

すると、

「B地点」を超えた時点で

「近くにいる」という表示が消えます。

表示が消えたら、

消えた「B地点」から180度逆を向いて歩き始めます。

もともといた「A地点」を越えて、

さらに進んでいきます。

すると、

こんどは「C地点」を越えたところで、

また「近くにいる」表示が消えます。

これで、

「B地点」と「C地点」の間が、

たどり着きたい★印の半径200m以内の

円の内側にいることがわかります。

でも、これだけでは、まだ

上下は特定できても左右が特定できません。

今度は、「B地点」と「C地点」のど真ん中、

中間地点(D地点)に移動します。

そこから右でも左でもいいので、

90度折れて歩き始めます。

折れた方向が偶然★の方向だった場合は、

そのまま進めば★印にたどり着きます。

折れた方向が★印と逆の方向だった場合は、

「E地点」を越えた時点で

「近くにいる」表示が消えます。

「近くにいる」が消えたら、

E地点から180度逆を向いて、まっすぐ歩き始めます。

「D地点」を越えてさらにまっすぐ進むと、

★印にたどり着けます。

・・・

長くなりましたが、これが3点法の原理です。

つまり

B、C、Eの3点を特定することで、

目的地である★印の場所もわかるというわけです。

全然違うように思われるかもしれませんが、

この3点法は、人の話を聴くときの

自分の立ち位置にも通じています。

人の話を聴いて、相手のことをよくわかろうとしたときに、

自分の立ち位置をどこに置いたらよいかという話です。


・A地点が、いまここで感情的になっている自分。

・B地点が、感情的な部分ではなく、「私はこう思う」「私ならこうする」「私はこれが好き」という聴き手自身の正直な思い(本心)があるところ。

・C地点が、話を聴いてあげようとする相手が思っていること、つまり相手の「気持ち」のあるところ。

・自分の意見に偏って押しつけがましくもならず、相手の意見に迎合して自分を抑えるのでもない中間地点がD地点です。

普通に考えると、

D地点にさえいることができれば、

「公平」でいいように思わないでしょうか?

でも、D地点がよいのは、

世の中に2つの選択肢しか存在しない前提のときだけです。

実際には、世の中には、

私の意見とも、相手の意見とも違う

第三(四、五・・・)の見方というものが存在します。

つまり、

B寄りでもC寄りでもない。

BとCの中間でもない。

少し離れた客観的な視点から、

自分も他人も見ないと(E地点)、

物事の本質はわからないというわけです。

でも、

生の生活の中では、半径200m以内がどこなのか

具体的に知るすべがないので、

どこが中立的な場所(D地点)か

正確に知ることはできませんし、

BもCもEも、正確な境界線を知ることが困難です。

自分でここが「B地点」だと決め、

よく聞きながらここが「C地点」とわかるまで、

相手の話をよく聴かなければできません。

ということは、

逆を言えば、自分と違う誰か(何か)を知りたいときには

以下の順番になります。

1.[B地点]:自分のことをよく理解する(自己理解)が一番最初

2.[C地点]:相手のことをよく理解する(他者理解)が二番目

3.[D地点]:中間の意見も知ったうえで

4.[E地点]:全く違う意見があることもちゃんと知っておく

こうすることで、

自分のことを否定せず、

相手のことも否定しないで

両方の想いがよくわかる

共感的な理解の立ち位置(★印)がわかります。

非常に理屈的な話でありますが、

人生における真理というのは、

理屈も感情もなく、不変なのかもしれませんね。

ポイントは、一番目の自己理解ができていないと、

共感以前の問題で、

他者理解にもたどり着けないということです。

・・・

うなずき、あいづち、くり返し、質問など

傾聴のスキルの練習を繰り返していると、

表面的にはきれいな応答ができたとしても、

それだけでは、

本当に相手と分かり合う傾聴力にはつながらないのは、

このためなんですね。

そして見ていると、

聴くのが苦手という方は必ずといっていいほど、

自己理解のところでつまづいているように見えるのです。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「自分のことがわかるから、他人のことがよくわかる。」

そして、この図から、

自分をわかったり、他人をわかるということと、

いったいどの立ち位置に立って

相手と接すればよいかは

また別のことだということがよくわかります。

ともかく、

誰かの話をちゃんと聴きたいなら、

まずは自分のことをよくわかりたいものですね。

<お知らせ>

客観的かつ、心穏やかに

聴く方法を学ぶ傾聴1日講座は

平日は1月11日水曜日

週末は1月14日土曜日に開催です。
 ↓
http://bit.ly/2gDTlve

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」