必ず質問をするつもりで聞く

講演会にいろいろな方の

お話を聞きに行くことがあります。

研修やセミナーと違い、

参加差者が多数いて講師の先生は

一方的に講義をするような集まりでも、

最後に質疑応答の時間があることが多いです。

そんな時私は、

質疑応答の時には真っ先に手を挙げて

質問をする

ようにしています。

大学生の就活でもあるまいし・・・

自分を印象付けようという

わけではなく、意味があります。

はじめから質問する

つもりで話を聞きはじめると、

話の内容に興味もわくし

何が分かっていないか

理解できていないところが

気になるようになるからです。

興味と疑問を持てることで、

講演内容への理解度が深まります。

せっかく時間(時にはお金)を

かけて行くのですから、

感動だけでなく、

内容もちゃんと持って帰りたいので

このようにしています。

一般的に講演会などでされる

「質問」には大きく分けて二種類あります。

一つは、

講演会に参加する前に

あらかじめ

聞きたいと思って用意していく質問。

専門家の先生などに、

いま自分が抱えている問題を

解決するヒントをもらいたいときなどにする質問です。

ふたつめが、

いままさに聞いている話の中から、

湧きでてきた疑問点に対する質問

です。

私は、後者の質問をよくします。
あげ足を取るようではいけませんが、

講師の立場になって考えてみても、

いましたばかりの話の中から

質問をしてくれるということは、

ちゃんと聞いてましたという

ことだから嬉しいことでしょう。

私自身が講師の時は、

ときには鋭い質問をもらうと、

ちゃんと答えられなかったことを

後でしっかり調べたり、

そういうことに関心を持っている人が

いるとわかったりすることで、

講師にとってもよい学びになりありがたいものです。

せっかく今話したのに、

それとは関係ない質問ばかりされたら

ちょっと残念ではないでしょうか。

講演会に限らず、

一対一でも複数でも生活の中で

話を聞く場面はたくさんあります。

せっかくの時間ですから、

たくさんの学びをするために

自分の目的を達するだけでなく、

相手がいわんとすることを

ちゃんと理解しようとすることで、

意外な新しい学びもあります。

話を聞くときは聞き終わったら

何か質問をするつもりで聞き始るのがおすすめです。

そして、

願わくば自分の考えを先に言ってしまう前に

(そういう人よくいませんか?)、

まず相手の話を最後まで

聞き切ってから質問をしてみませんか?

追伸
ホームページがの不具合があり受付出来なくなっていた
7月18日の傾聴1日講座は、
受付再開しています。
■ 相手を理解する聴き方
 ・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

■ 無料メール講座
 ・ 傾聴のつぼ入門編

 ・ 記憶のつぼ入門編

■ 著書「聴く力の強化書」 : 自由国民社
■ メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」