「言葉を返せといわれましたが」

※今回は、昨日終わった傾聴1日講座から感想文を1つご紹介します。

?歳 男性 団体職員

他のNLPの講座でバックトラック(くり返し)は言葉を返せといわれましたが、感情ワードをくり返す方が好まれると思います。

要約も相手の感情を返してあげるということがためになりました。ありがとうございました。

岩松からのコメント:
言葉を返すという表現も間違いであるとは言えませんが、「何を聴こうとするのか?」「何のためにそれをするのか?」が大切です。傾聴は気持ちをわかろうとすることですから、表出している目に見える行為ではなく、その裏にある目に見えない背景をわかろうとします。その時に、聴く側の人が目に何をするとという目に見える行為だけに答えを求めてしまうと、気持ちを聞くことはできません。相手がどうなるかよりまず、何のために聞きたいかという自分の中の目的により、聞き方も変わります。

■ 聴く人が楽になるための聴き方
 ・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

■ 無料メール講座
 ・ 傾聴のつぼ入門編

 ・ 記憶のつぼ入門編

■ 著書「聴く力の強化書」 : 自由国民社
■ メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP