あきらめる?あきらめない?自分を

きのうは午前中から夕方まで終日の予定があり、

朝からせわしく準備をしておりました。

その中でも当然、BLOGいつ通り書くわけです。

いつもの時間に起きて、

いつもの時間にBLOGを書いて、

送信・・・

となるはずが、なんと

BLOGがあと最後3行で完成するというタイミングで

急にパソコンがフリーズして固まりまして・・・。

1時間弱かけて書いた文章が

全部台無しになってしまいました(涙)。

そういう日に限って、

バックアップもとっておらず・・・。

これをお読みいただいているあなたも、

達成寸前にご破算になった経験はありますか???

・・・

思わず書斎で一人で「うっそぉーー!」

と叫んでしまいました(笑)

似た経験がある方にはわかると思いますが、

正直、気持ちがなえますよね。

一瞬、

「このあと忙しいし、一年半毎日続けたBLOGだけれど、今日は書くのあきらめよう。」

と思ってしまいました。

でも、ここから先が

昔とはちょっと違うところでありまして。

昔だったらそのまま、

間違いなく投げ出していたはずです(<自信満々!)。

でも、今はちょっと違って、

一瞬立ち止まって「将来の自分の満足度」を考える私がいます。

つまり、

「もし、書かずに明日(将来)を迎えたら、自分は自分に対して満足できる(許せる)だろうか?」

と考えます。

すると

「やっぱり書かないより、書いたほうが未来への自分への満足度が高いよね」

と思うわけです。

そして昨日も、

明日の自分の満足度を高めるために

「今できることは本当に何もないのか?」

と考えてみました。

正直結構、重いテーマで書いていた長文だったこともあり、

先ほどと同じものを一から書き直す時間はありません。

そこで考えました。

「もう少し簡単な話題のやつを、過去のネタ帳から探してみよう」

と。

使える時間はもう20分くらいしかなかったんですね。

数分間、書きダメしてあるネタ帳に目を通して、

「これなら、急げば書けそうだ」

というのが見つかったので、

「今できるものだけでもできる時間内で、完ぺきに仕上げよう」

とスイッチを入れ替えて書いたのでした。

それが昨日のBLOGです。

・・・まあ、内容が良かったかどうかは、

もともとの素質の問題でありますからともかくとして(笑)、

ちゃんと自分との約束を守った達成感はありましたね。

・・・

大変だと思ったときに、

あきらめるのは簡単です。

でも個人的に思うのは、どんなに努力していても

大変と思うことは一生なくなることはないはずです。

そこで「楽に何でもできるようになろう」とする人は

実はとても折れやすいのではないでしょうか。

楽にできたらいいなと思いますけれど、

もっと大切で現実的なのは、

大変と思わないでできるようになることではなく、

「大変でも折れずにできる自分であること」

のような気がします。

そう考えてみると、

1でも2でもできることはあるものです。

やるかやらないかの境目を決めているのは

脳力とかポジティブさとかではなくて、

「将来の欲求」を確認する作業を

するかしないかの違いだと思うのです。

よく「今のあなたを大切にして」と言いますよね。

でも「今の自分を大切にする」ってどういう意味でしょうか?

正直よくわかりません。

やりたくないことをただやらずに

放っておくことだけではないはずです。

「いまと未来はつながっている」

という話はこのBLOGでもよく書きますが、

そうだとすれば、

いまを大切にするということは、

その大切にされたいまが、

良い形で未来につながっていくはずです。

それがないなら、

それは今を大切にしていなんじゃないかな・・・と。

時には迷ったときに何かを「やらない」

という選択であるでしょう。

「大変でもいま苦労してやる」

ということかもしれません。

どちらも将来に何を期待するかによって正解となりえます。

要するに、

「将来こうなりたい」

があってはじめて、

何をいま大切にするかが決まるというわけです。

・・・

私は、一日書き飛ばしてしまった明日の自分より、

昨日と同じように毎日メルマガを

書いた自分に会いたいと思ったので、

できることを、探してやることにしました。

脳力やポジティブさは関係ないです。

いま書きながら思ったのは、

「自分を許す」というのは最後の手段なのでしょうね。

たまたま昨日の私の場合は、

やる気になれば対処できる範囲のことだったから

できただけのことです。

でも人生、

やる気のスイッチを入れたからと言って

いつもで成し遂げられるとは限りません。

そのときは、

0ではなく1でもできた自分、

成果が1もなくて結局0だったときは、

やろうとした自分を認めてあげることも必要です。

そのためにもまず自分がどうありたいか

自分の想いを知ったうえで、

それを叶えようとする自分を支えること。

それが、

自分を大切にすることだと思うのですが、

いかがでしょうか?

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「将来の自分から文句を言われないように今を使おう」

やりたくない気持ちは誰にでもあります。

でもそのやりたくない気持ちをいま優先することが、

本当に将来の自分の満足度を高めることにつながるか?

他人から何を言われるかではなく、

将来の自分から文句を言われないようにしたいものですね。

結局、一番つらいのは、

他人からよりも自分からの攻撃であります。

<お知らせ>

出来ない自分を受け入れつつ、

できるようになりたい期待に越えていく。

そんな脳の使い方になりたい方は、

11月5日からの脳の使い方のセミナーにお越しください。
 ↓
https://goo.gl/oWzkCk

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」