~目的により聞き方は変わる~ 著書「聴く力の強化書」原文より抜粋

もしあなたが誰かと仲良くなりければお互いの共通点をどんどん見つけてその話題で盛り上がれば仲良くなれます。

または、この人とはあまり話したくないと思ったら相手を無視し続ければ自然とあなたの前からいなくなります。

共通点を探すのも無視するのもコミュニケーションの一つの形です。

いいか悪いかはともかく、必要な時にそれを使う事でコミュニケーションのバリエーションは増えます。

同様に傾聴というコミュニケーションの方法があります。

傾聴は相手との共通点を探して仲良くなることとも、相手を無視することとも違う「そのまま受け止めて支える」ための聴き方です。

あなたがどういう目的でききたいのかにより、きき方の種類は変わります。

どのような目的をもって聴くのかを決めるのはあなたです。

その目的に傾聴が向いていれば使ってみてはいかがでしょうか。

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

傾聴をもっと知りたい方は、
傾聴1日講座(基礎)」のをご覧ください。