新しい洋服は、欲しいけど欲しくない!?

行きつけの洋服店にズボンを買いに行ったときのこと。

ちょうどいいデザインのズボンが見つかったので、

ついでにシャツも一緒に買おうと思いまして。

自分で選ぶとついいつもと同じような

ものを選んでしまうので、

洋服のプロであるお店の方に

コーディネートしていただくことにしました。

そして最終的にズボンに合いそうなものを、

一生懸命選んで3つ用意してくれました。

・・・でも、

いつもと違う自分になりたくて、

お店の方にシャツ選びをお願いしたにもかかわらず、

実際に目の前に、普段はあまり

手に取らないようなデザインのシャツが並ぶと

「いったい何を基準に選んだらよいものか?」

「果たして似合うだろうか?」

と不安になってしまいまして。

実際、試着もしてみたものの、

鏡に映るいつもの自分らしくない自分の姿に、

それが良いやら悪いやら・・・。

よくわからなくなり選べなくなってしまいました(汗)。

結局、私にとってはあまり奇抜過ぎないと思える、

中間くらいのものをもう一度見繕っていただき

ようやく購入して、帰ってくることができました。

・・・

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは、

自分を変えたいはずなのに、

いざ変われる場面が目の前に来たら

不安になりいつもの自分に戻りたくなってしまった

そんな経験はありますか???

・・・

いつもBLOGに書くことではありますが、

結局、人は変わりたいけど変わりたくない生き物なんですよね。

私が開催している講座に来る方も

みなさん変わりたくて来るのですが、

いざ慣れないワークや理論に触れたとき、

「それは私には不自然です」

とうったえる方がいらっしゃいます。

防衛本能なのでしょうが、

そう言いたくなる気持ちはわかる気がします。

・変わりたいから新しいことに挑戦する
 ↓
・新しいことは慣れてないからやると気持ち悪い
 ↓
・気持ち悪いとやめたくなる
 ↓
・やめてしまうと、いつもの自分に逆戻りする
 ↓
・自信を失い、またそんな自分を変えたくなる

そういう心がグルグル回るスパイラル・・・

「人間心理の観覧車や!」(<彦摩呂風に!)

があることを、自覚しておくといいのでしょうね。

では、そんな自分が現れたとき

どう対処するればいいのか考えてみると、

一番いいのは、おそらく・・・

「相手にすべてをゆだねる」

ことですね。

新しい世界を知りたいと思ったときに、

古い自分の頭で考えてしまっては変わり切れません。

自分の思考は横に置いておいて、

勝手にアレンジや解釈をせず、

言われたとおりにできるだけ完ぺきに

素直に受け入れてやってみないと

本当の良さはきっとわからないでしょう。

例えば、洋服なら、

店員さんの意見のままやってみてもいいし、

チラシとまったく同じ商品で

コーディネートしてもいいでしょう。

とにかく、

その人になり切ったつもりで真似をしてみると

近づきやすいのではないでしょうか。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「変わりたいなら真似をする。真似しているときは文句を言わない。」

「自分らしさ」と「自分の枠中で生きる」のは

違うことのような気がします。

「いまの自分の枠を超えられる自分も自分らしい」

それもまた、自分らしさですね。

・・・

さて、実はもう一枚シャツが欲しいので、

次回は店員さんに完全お任せにしてみましょうか!(笑)。

<お知らせ>

自分らしく人の話を聴く方法を学びたい方は、

いつもらしくない自分と向き合う心の準備をして、

10月13日の傾聴1日講座にお越しください。

安心できる学びの場で、自分を変えてみませんか?
 ↓
https://goo.gl/W7xZcQ

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」