達成より変化への期待

きのうまで大阪で

「傾聴サポーター養成講座」

を開催していました。

9月16日、協会設立一周年記念の日にちょうど

大阪で、養成講座を初開催していることに気付き、

感無量でありました(喜)。

ほんとうに、皆さんに支えられ勇気づけられた一年でした。

ありがとうございます。

一年前のいま頃、何を考えていたか思い返してみると、

正直言いまして、希望もありつつ、

法人登記をする直前の気持ちは

「やってしまったな」

という、恐怖に似た感情がありました。

7月に思いつきで協会を作ることにして

動き出してしまった自分への後悔・・・

とまではいいませんが、

いつもの「一致癖」がでてしまったと、

ちょっと冷静さが戻ったら怖くなっていました。

漠然としたキラキラ輝く将来の理想像はあっても、

具体的な将来設計はまだ完全に

定まっていない時でしたので。

だいたい、こちらが将来設計しからと言って、

本当に人が来てくれるんだろうか?

そんな需要があるのだろうか?

不安な時期でもありました。

それが一年たったいま、

数十人もの認定サポーターが誕生し、

今月からは、講師養成講座も

賑々しく開催できるのは奇跡的であります。

もちろん、努力はしてきたつもりですが、

ひとりでは到底できることではありません。

・・・

振り返って考えてみると、

もし、準備が万全に整ってから始めようとしていたら、

こうはなっていなかったですね。

たぶん、

協会自体できていなかったのではないでしょうか。

ある意味、直感というか、

個人的な欲求で動いたおかげで作ることができました。

・・・

目標を立てて達成するのも大切だと思います。

でも、達成できるかどうかに意識が向きすぎると、

私は不安になってしまうのです。

(これをお読みただいているあなたはいかがですか???)

1年前、明確な目標をたててはじめたわけではないので、

1年たって、何が「達成」できているか

正直よくわからない部分もあります。

でも、確信できることが一つだけあります。

それは、達成したかはわからないけれど、

「やらなかった人生と、やった人生では確実に違う人生になった。」

それだけは100%確かです。

もう私は「やらなかった人生」に戻ることはできません。

「変わった」だけでもやった意味はあると思うのです。

・・・

挑戦しようと思っても、

躊躇することはみんなきっとありますよね。

新しいこと、苦手なことをはじめるのは怖いことです。

ときどき、よしやろう!と思っても、

少し時間がたつとやっぱり難しいのでは・・・

と、思ってしまったり。

そんなときはもしかして

「できなかったらどうしよう」

と不安に感じているのではないでしょうか。

つまり、

「できるか?できないか?」

に意識を奪われているのではないでしょうか。

「できるできない思考」にとらわれている自分を感じたら、

「それをした人生と、しなかった人生、一年後は変わっているだろうか?」

と考えてみるといいかもしれません。

よくなるか?悪くなるか?はわからないけれど、

「変わってはいる」

その事実だけ信じられれば始めやすくなるでしょう。

そして、しばらく・・・

たとえば1年たった時に、

確かに「変わったな」と確認できれば、

何かを達成していなくても、

意味がある一年だったと思えるはずです。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「人生に対する後悔の7割はやってしまったことへの後悔ではなく、やらなかったことへの後悔だ。」

人生すべてにチャレンジできるわけでもありません。

でも、やろうと決めたなら、

「失敗しても死にはしない!」

と自分を励まして進んでみるのもいいかもしれません。

・・・

もう秋ですね。来年に向かって

さて、いまから何を始めましょうか???

<お知らせ>

傾聴を学んで資格の取得や

講師に挑戦したいかたは、

JKDA一般社団法人日本傾聴能力開発協会の

傾聴サポーター養成講座に挑戦してみませんか?
 ↓
https://goo.gl/Vf38HH

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」