朝パッと目を覚ますのにいい方法

「どうすれば朝、パッチリ目を覚ますことができ、早起きができるのか???」

このテーマは一部の人にとっては、大きな関心でしょう。

「できるだけ早く寝て、睡眠時間自体を確保する」

とか

「夜更かしはしない」

「規則正しい生活をする」

「ストレスをためない」

など、

起きる以前の生活の問題は整えなくては

いけないというのは当然の前提としたうえで、

「どうすれば、二度寝せずに決めた時間にスッキリ目覚められるのか???」

「朝の目覚め方」を日々研究(?)しています。

その中で、今までに、

自分なりに効果があったと目覚めの方法としては、

たとえば、

いきなり「起きよう」とはせず

「片手の小指を折り曲げるところからから意識的に動かすことから始め、体全体を動かし始める。」

「起き上がろうとするのではなく、布団の上にまずは90度まで腰を上げて座ることを目標とする」

など、

体の動かし方をいわゆる「スモールステップ」で起こしていく方法が

比較的効果があるような気がしています。

そういうこともよくします。

でも、もっといい方法・・・といいますか、

「こういう状態になると、パッと目が覚める」

という状態があるのを知っています。

それは、どういう状態かというと、

「ヤバイ、あれやらなきゃ!」

と、気づいて瞬間であります(笑)。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは

「やらなきゃいけないことがあると思った瞬間に、一気に目が覚めた」

経験はありますか?

もしこの状態を自力で再現出来たら・・・

早起きできそうな気がしませんか?

・・・

自分を振り返ってみても、

たとえば、

「朝、起きたら、メールのチェックでもする習慣をつけようか」

ぐらいに思ってしているときは、

動機が弱く、結局だらだらしがちなくせに、

「ヤバイ。昨日送らなければいけなかったメール、まだ返信してないや(汗)」

と思った瞬間眠気はどこかに吹き飛びます。

この「焦り」というか「意欲」というか・・・

区別が要できないのですが、

そういうもの正体は何かと思って調べてみたら、

どうも脳内物質の「ノルアドレナリン」か

その前駆物質である「ドーパミン」が

「覚醒」に影響しているようであります。

「焦ると起きる」

という性質(?)を利用すると

パッと起きられるのだとすると

「早起きの習慣化」というのは、

朝「決まった作業をする計画」を立てる程度ではだめで、

「焦ってやらなければいけない状態を作る」

のが効果的なのかもしれません。

(本当は毎日楽しみを作るのでもいいですが、なかなかできないと思いますし)

たとえば

私は毎朝BLOGを書きますが、

「だいたい毎日7時半前くらいに送るようにしている」

わけです。

でもこの

「だいたい」とか「ようにしよう」

とかいうあいまいな意識がダメなんでしょうね。

「これくらいのことができたらいいな」

程度に思っていると、

動機づけとしてはとても弱いのです。

頭のどこかで「多少遅れてもいいや」と思いますからね。

すると目覚ましが鳴っても

その日の気分で「もう少し寝ててもいいか…」

となってしまいます。

なので、極端な話をすると

「7時に起きられなければ罰金にする」

「嫌いなニンジンを一本食べる」

とか、

「よからぬ何が起きる予感」

を感じられればパッと目が覚めるのではないでしょうか。

・・・

一番楽なのは外の誰かにそうしてもらえるといいのですが、

これは、そんなに都合よく

協力してくれる人も泣かないないわけです。

なので自分で自分がプレッシャーを感じる状況を

いかに作り出せるかがポイントになります。

そん時の壁が2つあって、

一つは、自分は自分に甘いので、

そもそもプレッシャーを感じるような

条件を作りにくいという問題。

もう一つは、

サボっても見過ごしてしまいがちという問題。

なので結局、早起きの問題というのは、

ただ単に朝の時間が有効に使えるかどうか?

という単純な問題ではなくて、

その根底にあるものは、

「自分自身との約束をちゃんと守れるか?」

いいかれば、

「自分を大切にする」

練習なのであります。

それがうまくできないからこそ、

自分を信じることができず、

「自信」を失うのでしょうね。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは

自分と誠実に約束をし、それを守るのが得意ですか???

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「悩みの多くはその事柄よりも、自分との約束が守れない自信喪失から生まれる」

・・・

とか、いいながら

簡単に自分にプレッシャーを与えられる

方法はないかなと考えた結果、

いまのところ、こんな風にしています。

「絶対ではないけれど、早く返信したほうがよいメールを一通、未返信にしたまま寝る」

という方法です。

すると、早朝寝ぼけまなこのときに

「やばい!あのメール朝のうちに返信しなくちゃ」

と思って、パッと目が覚めることが増えました。

メールに限らず

「やらなければいけないことを残したまま寝る」

よかったらやってみてください。

安らかに、気持ちよく、目をパッチリ

覚まそうとするのは甘いのかもしれませんね(笑)

プレッシャーも使いようであります。

・・・

理論や理屈ではなく、

実際にパッと目が覚めるのに効果的な方法

いつでも募集中なので教えてください!!!

<お知らせ>

自分の心は何にどう反応するのか?

自身への関心を高めると、

それは他人への関心を深めるためにも役立ちます。

自分を知り、相手を知るための

傾聴力を高めるには

傾聴1日講座がおすすめです。
 ↓
http://goo.gl/mwFhy0

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」