満たされた人生とは?

すごく上手にできるというわけでもないですが、

大きな流れとして、最近、

「どう生きればよいか?」

迷いは減ってきました。

私だけでなく、日ごろお会いする方の中にも、

「年を重ねた分だけ迷いが減った」

と、おっしゃる方に遭うことも多くなった気がします。

では、

いったいどうすれば、生き方に自信がつくのか???

絶対にコレ、という答えはありませんが、

私自身が、このように考えるようになってから、

なんとなく楽になったという方法はありますので、

ちょっとご紹介します。

その方法とは、

なにか迷ったり、戸惑ったりしたときに自分に

こう問いかけてみるのです。

「明日死ぬとしてら、今日何をするか???」

・・・

この問いに対して、

10年前のわたしは、こんなふうに考えていました。

もし明日死ぬとしたら仕事なんかすぐにやめて、

他のやるべきことも全部放り出して、家族に

「明日、お父さん死ぬので、学校や会社を休んで、今日一日ずっとそばにいて欲しい!」

とお願いしよう。。

愛する家族と、残りの24時間を一時も離れず過ごそう。

そんな風に考えていました。

でも、いまの私はきっとそうしないと思っています。

たとえば、

本当に、子供と24時間一緒にいたらどうなるか???

現実的に考えたら、正直言って飽きてくると思います。

仮に、24時間一緒にいることに同意してくれたとしても、

おろらく2時間も一緒にいれば、

「で、時間たくさんあるけど、何する?」

となることが関の山です(笑)。

24時間一緒にいたら、感動的だろうなんて

きっと妄想に過ぎないと今は思うようになりました。

それともう一つ。

明日、死ぬとわかったらやめたくなるような

そんな仕事や生活っぷりをしていて、

いいものだろか?とも思います。

おかげさまで、最近の仕事に対する思いは、

明日死ぬとしても、今日もやりたいことができています。

ですから、

明日もし死ぬとしたら・・・と想像したときに、

「昨日まで同じことをして、今日一日過ごしたい!」

と思える人生が、実は一番幸せではないかと思うようになったのです。

なので迷ったり、よどんだりしたとき

自分に対して

「明日死ぬとしたら、今日一日どうすごすの?」

と自問することで、今日やるべきことを

再確認できたりします。

お金も欲しいし、もっと楽もしたい。

でも、そういう面でいうと、

いまはだいぶ満たされていると感じるのでありました。

・・・

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「今日と同じことを、明日もしたいと思える人生はきっと満たされている。」

また「満たす」ときに、「楽(らく)」を増やそうとすると

以外と満たされなかったりしますね。

きっと満足と楽は違うのでしょう。

苦労が多くても、満足が増えることはあるなと。

もしどう生きようか迷ったら、

「どこで苦労をしようか」

と、苦労の仕事ころを決めてみるのもいいかもしれません。

まず先に腹を決めないと、

先が見えてこないこともあります。

<お知らせ>

願えば叶うといいますが、

未来を想像するのが大切なのではありません。

未来を想像したとき、

希望を「感じる」ことが大切なのです。

たとえば、

会社で無理やり作らさせる、目標管理のように

心が動かない未来へのイメージは、

絵に描いた餅になっておしまい。

苦労も、喜びも「感じる」ものですから、

未来を想像し、未来に感じる心づくりをしましょう。

脳と心の使い方を知るには、

アクティブ・ブレイン記憶法がオススメです。

もちろん、暗記力アップにも役立ちます。
 ↓
http://goo.gl/7QEmNV

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」