感覚が違う

「わたしは夏が大好きです!」

そういうと、

暑いのがキライな人からは

嫌な顔をされますが、

だいたいの方からは、

「いまからがいい季節ですね!」

と言っていただきます。

でもせっかく言っていただいたのに、

何かすっきりしない自分がどこかにいまして・・・。

確かに、日々の気温は蒸し暑さもありますが、

刺すような日の光がある今がいいです。

でも、

よくよく考えてみると、

「夏好き」

であると同時に

「夏大嫌い」

でもあることに気が付きました。

なぜなら・・・

夏が「来てしまう」と、

あとはどんどん

「寒くなり」

「夜が来るのが早くなる」

一方です。

なので、

8月になった時、私の心はすでに

「冬の予感」

がしていて、

もの悲しく感じるのです。

ですから、

(変な話に聞こえると思いますが)

梅雨明けが宣言された瞬間、毎年、

「夏が終わってしまった」

と本気で思います。

また、

夏好きなのに8月がもの悲しくなるのは、

気温と日の長さの問題だけではありません。

仕事の面でも、8月は

「終わりの月」

なのです。

8月といえば1年の3分の2が

終わったことになります。

残りは3分の1ですから

もし、仕事の計画が8月の時点で

大きく予定よりずれていれると、

「もう取り返しがつかない時期」

でもあります。

人生には一発逆転がないとは言いませんが、

まっとうに仕事を計画しているならば、

一年の運命は8月にはほぼ確定してしまいます。

毎年6月までには

来年の1月くらいまでの予定ことを考えていますし、

8月にはもう、

来年の4月春くらいまで

イメージして決めています。

8月は体感温度的は夏でも

「冬の予感」

も同時に感じますし、

意識の面では

「来年の春」

なんですね。

なので、

「いまが暑いから、心の中も100%熱い」

とは限らないのであります。

夏が大好きだからこそ、

一番心がワクワクして、心地よい季節は、

日々気温が上がっていくしかない、

雪解けの3~4月であります。

「夏が好きだから、春が好き!」

・・・最後は意味が分からない結論でですね(笑)。

これをお読みいただいているあなたには、

自分の中ではつじつまがあっているのに、

他の人には理解されなかった経験はありますか???

・・・

話を聞くときは当然

いま目の前の人が言った言葉を聞くのですけれども、

大切なのは、言った言葉そのものよりも、

それについてどう思っているか(=想い)に

よくよく耳を傾けて聴くことで、

その人にとっての意味と価値が

ちゃんと理解できるのであります。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「自分も他人も一面的ではなく、多面的に理解しよう」

<お知らせ>

ちまたでは、夏休みに合わせて

映画がたくさん公開になっております。

(シンゴジラの評判が高いといわれていますね)

傾聴力が身につくと、

まるで映画を見るかのように、

自分の知らない相手が持つ独特な世界観を

楽しみながら聴くことができるようになるかもしれません。

今月の傾聴1日講座は東京と大阪の二か所開催です。

8月13日の東京開催は間もなく満席で

受付を終了いたします。
 ↓
http://goo.gl/SHom9l

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」