「苦手」といえるまでには

急に事情があり100個の単語を

覚えなければいけなくなりました。

「面倒なことは早めに終わらせてしまおう」

と、

きのう仕事に向かう約40分の通勤電車の中で

覚えるために持っていこうと、

朝、自宅で、その表の写真を

スマホで撮りました。

でも朝、息子を保育園に送り届けに家を出る前に、

息子の食事時間があったので、

(私は朝食は食べないので)

その合間の10分でできるところまでやってみたら

50個覚えることができました。

そして電車の中で残りの50個も10分で覚え、

一応、確認も含め25分で全部一通り覚え終わりました。

正直、こんなに早くできた自分に驚きます。

・・・

いまから6年前、

試験に落ちたのをきっかけに受けた記憶術。

もともと人一倍、記憶力がいいというわけでもありません。

当時、正しいやり方を知っても

100個覚えるのに3時間かかりました。

4年前に講師になり、

72回記憶術の講座を開催しているうちに、

100個の無意味な単語なら25分。

6年前の7.2倍の速さで

覚えられるようになったというわけです。

繰り返しやるだけで、

人は成長できるんですね。

・・・

記憶することに限らず、

何でもすぐ「苦手」という人がいます。

もったいないと思います。

苦手と言っている人は、

70回くらいは繰り返しやったのでしょうか?

70回繰り返して、できたならそれは、

たいしてやらずに苦手と言っているよりも、

いいではないかと思うのです。

70回やらずにできない自分と、

70回やったら来た自分。

どっちが自信がつくでしょうか?

もし1、2回やって何か新しいことが

できるようになると思っている人がいたら、

それは自分の能力に対するうぬぼれでありますし、

人間の能力に対する勘違いではないでしょうか?

できるようになった人たちは、

何回も何回も、繰り返しているから上手なだけです。

・・・まれにそうでない人もいますが、

そんな特別な存在に自分がなろうと

しているのでしょうか?

私のように凡人は、凡人らしく、

繰り返してできるようになればそれでいい。

そう思うのですがいかがですか???

これをお読みいただいているあなたは、

うまくいかないのだけれどあきらめず

繰り返しやり続けていることはありますか?

その努力があなたの必要な時期までに

間に合うか、正直私にはわかりません。

でも、

繰り返しやった分だけ、昨日より

目標に近づいていることだけは

100%、間違いないです。

まずはあきらめない自分をほめてあげましょう。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「100回繰り返してできなかったら、苦手と言おう!」

初めて記憶の仕方を知ってから6年。

42歳になって初めて25分で

100個の単語を覚えられるようになりました。

そんな自分を素直にほめてあげたいと思います。

<お知らせ>

でもですね、

6年前、たった1日講座を受けただけで、

2日目には3時間で100個

覚えられた自分もすごいと思います。

反省と気づきだけでは人生は前に進みません。

体験が何よりの自信になるでしょう。

できる体験をしたい方は、

8月6、7日の記憶術にぜひお越しください。
 ↓
http://goo.gl/tNBZGz

記憶力が上がらなかったと思う方には、

返金保証付きですが、

過去84歳から小学5年生まで受講して、

返金を希望された方はいまのところ一人もいません。

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」