~謙遜して見せる人への対応(1)~ 著書「聴く力の強化書」原文より抜粋

「私なんてまだまだです。」

「あなたと比べたら私なんて。」
自己肯定感が低い人によくある反応です。
せっかくこちらが感謝したりほめているのにその言葉を素直に受けとってくれない人っていますね。
こういう人には「謙遜しなくていいよ」と言っても、なかなか受け入れてくれないでしょう。
そう人には、
①まずは「この方は人と比べて自己卑下して見せたくなる場所にいるんだなぁ」と眺めてみましょう。
②次のそのまま相手が使った言葉をくり返して鏡に映して返してあげましょう「まだまだ・・・という感じなのですね」「私なんて・・・という感じなんだね。」
これは「あなたできな人なんだね」と相手を責めているのではありません。
直接そのように言うときついですよね。
「あなたいまこんな風に言っているよ」「自分のことこんな風に表現しているよ」と、相手が表現したことを再度吟味してもらうために返してあげるのです。
相手が使った表現でそのまま返してあげる方が、相手が受け取りやすいはずです。
人は話をするときわざわざ自分がどんな言葉づかいをしているかなんて気にして話しません。
なので発言した人にくり返して戻してあげることで、もう一回情報として耳に入ってくるので再確認してもらうきっかけを作ることができます。

つづく・・・

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ…/自由国民社
¥1,404 Amazon.co.jp


著書のもとになっている「傾聴1日講座(基礎)」の詳細はこちら

http://goo.gl/AyhZaK

聴く人が楽になるための聴き方
 ・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中


無料メール講座
 ・ 傾聴のつぼ入門編 (全10回)
 ・ 記憶のつぼ入門編 (全10回)

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
 ・ 初心者のための記憶術
 ・ アクティブ・ダイエット
 ・ アウトプット読書法
 ・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 : 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP