~私にとっての傾聴~ 著書「聴く力の強化書」原文より抜粋

ロジャーズが言っているのと全く同じでるかどうかわかりませんが、私は傾聴をこのように理解しています。

「聴くことを通して、聴き手が自分自身の存在をそのまま受け止めることにより、話し手をそのまま受け止めようとすること。またはそのための技術」

初めて見た人には何を言っているのかよくわからないと思うかもしれません。
ここで知っておいていただきたいことは、教科書の受け売りではないあなたたなりの傾聴の定義(理解)を一つしっかりもっておくと傾聴の練習がしやすくなるということです。

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ…/自由国民社
¥1,404 Amazon.co.jp

著書のもとになっている「傾聴1日講座(基礎)」の詳細はこちら

http://goo.gl/AyhZaK

聴く人が楽になるための聴き方
 ・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中


無料メール講座
 ・ 傾聴のつぼ入門編 (全10回)
 ・ 記憶のつぼ入門編 (全10回)

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
 ・ 初心者のための記憶術
 ・ アクティブ・ダイエット
 ・ アウトプット読書法
 ・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 : 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」