傾聴のインタビュー記事が掲載されました(日本メンタルサービス研究所)

日本メンタルサービス研究所さんのメルマガのインタビュー記事、

第2回目が本日、配信になりました。

メルマガ登録していない方も、ホームページで全文お読みいただけます。

今回のインタビュー(2回目)では、以下のような質問に答えています。

↓インタビューの全文はこちら (日本メンタルサービス研究所ホームページ)

---

「第99回目(2/4) 岩松 正史 先生 傾聴講師 株式会社あえるば」
相手の気持ちに耳を向ける。そして、相手をそのまま受けとめる傾聴

「突破口は何でしたか?」

「震災後はいかがでしたか?」

「傾聴講座が波に乗り始めたのはいつ頃でしょうか?」

「どういった方が受講されているのですか?」

「男性は管理層の方が多いのですか?」

「コミュニケーションの中で傾聴が必須だというのが、浸透してきたのでしょうか?」

「先生は“聞く”を3つに分けていますよね。そのあたりを教えていただけますか?」

「情報収集の訊く、一般会話、傾聴と御著書にありますが、一般会話と傾聴は何が違うのでしょうか?」

「Aさんの気持ちを聴く?」

「そのあたりが一般の方は中々ピンとこないと思うのですが?」

「では先生の傾聴を教えてください」

「この傾聴の良さは?」

「受講生さんにも同じような変化があったのですか?」

「この話題の時は傾聴スイッチを入れて聴こうと、自己コントロールする感じですか?」

「できない状態の時はやらない?」

「自分も他人も傷つけない聴き方・・・」


↓インタビューの全文はこちら (日本メンタルサービス研究所ホームページ)

聴く人が楽になるための聴き方なら

傾聴1日講座(基礎)

脳と心を鍛える無料メール講座

手紙 傾聴のつぼ入門編
手紙 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

脳 初心者のための記憶術
ケーキ アクティブ・ダイエット
本 アウトプット読書法
 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」は傾聴の入門書です。

聴き手育成プログラム(企業向け)」はじめました

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」