体を90度曲げるだけで人生はかわる

仕事やら雑用やら・・・

いつも朝4時おきてやりたいのですが、

疲れてたり、寒いのが嫌いだったりして

特にこの時期は5時過ぎになってしまうことがしばしばあります。

すると、

7時には子供たちの朝ごはんの準備を始めないといけないのに

やっていることがギリギリまで終わらず

朝バタバタしてしまうのです。

そして

「あ~、またやっちゃったぁ」

とガッカリします。

本当は前の日、早く寝られればよいのでしょうが、

なかなかそういうわけにもいかない事情もありまして。

朝4時にさっと起きる方法を日々

研究をしているのでありました。

タイマーで起きる前に部屋を暖めてみたり。

あらかじめあたたか目の服装で寝てみたり。

目覚ましの数や置く場所、鳴らす回数を変えてみたり。

早起きのために似たようなことした経験はありませんか???(笑)

いろいろ研究した結果、

そういう物理的な条件はあまり関係なくて、

ある一つの行動だけできれば、

すべてが解決できることに気が付きました。

そのすべてが解決できる条件とは・・・

「体を90度起こして、布団の上に『座る』」

です。

これさえできれば起きられて、

これができなければかなりの確率で起きられない

「早起きのための90度の法則」

を発見したのであります!!!

(たいしたことではないですね(汗))

わたしにしか使えない方法かもしれませんが、

本当に一度、布団の上に座るところまで

行けさえすれば必ず起きることができるのです。

その日から私の課題は、

「4時に起きること」

から

「4時に布団の上に座ること」

その一点に変わりました。

まあ…、正直言って体を起こすときは

やはり頑張りが必要なわけではありますが、

「この体を起こせしさえすれば、あとはすべてがうまくいく!」

そう思ってやると

その瞬間だけなら頑張りやすくなり、

実際起きやすくなりました。

・・・

もちろん人間ですから

前の日の疲れが残っていたりすると、

布団の上に座る状態まで行けても、

その場でしばらく動きが止まり

「助走」が必要な日もあります。

でも、

そこから再び二度寝することは決してないのです。

「90度体を起こせれば、180度(寝る)までは決して戻らない」

という特徴も見つけました。

ただ漠然とした印象だけで問題を見ていたときには

取り組みにくかった課題が、

たったひとつのポイントに集中することによって

取り組める課題に変わった・・・

そんな経験はないでしょうか?

物事がうまくいかないときほど、

パッと見た瞬間の印象で「これ苦手だな」と

すぐ判断してしまいがちですが、

その中にある

「何が壁になっているか?」

が見えてくると、

「何ができそうか」

見えてくる。

そんなことはないでしょうか。

もう一つ加えるならば、

問題に取り組むとき完璧を求めると苦しくなりますが、

いまより1ミリでも「マシになる」ことをよしとすれば、

やってみる価値が生まれると思うのです。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「パッと見てすぐあきらめていないか?」

朝7時を迎えた瞬間、やりたかったことが

だいたい片付いている爽快感を感じることが

多くなった昨今であります。

さて、

私の4時起きはいつまで続くでしょうか?(笑)

<お知らせ>

答えは自分の中にある!

そうは言われても現実にはなかなかうまくいかないことがありますよね。

でも確かに自分の中から答えが見つかる時もある訳です。

答えはすぐ見つかれないかしれませんが、

まずはその手前にある自分を見つめるところから始めてみませんか?

自分の中を見つめる練習をしたい方には

傾聴サポーター養成講座がオススメです。

http://goo.gl/NMMk57

<お知らせ2>

1月25日夜に割引特典があるパーティーを

東京ドームホテルで開催します。

どなたでも参加できますのでお越しください。

JKDA一般社団法人日本傾聴能力開発協会
設立記念パーティー
 ↓
http://goo.gl/XNnfkR

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」