「講師のお仕事」と「講師業」はちがう

先日開催した傾聴1日講座に

今年9月に開催した傾聴講師トレーニング講座を

受講してくれた傾聴講座の講師を目指している方が

オブザーブに来てくださいました。

私にしてみれば、ただ単に講座を受講してくれた

お客さんというだけでなく、

今後5年、10年後に聴く人が楽でいる

傾聴を一緒に伝えていってくれるかもしれない

大切なお仲間であります。

ですから本当にご自身が願う形で

成功していっていただけるよう

全力でサポートさせていただこうと思っているのであります。

・・・

傾聴に限らず講師を本気で目指している人たちに

よくお伝えしているのは、

「講師のお仕事」と「講師業」は全く違うということです。

詳細は割愛しますが、

たとえば講師になるためには経験を積む必要があるので、

ときにはボランティア的に労力に見合わない対価で

経験を積ませてもらうことも必要でしょう。

でも、経験を積むのが大切だからと言って、

必要な収入につながらない活動をいつまでも続けていても、

実はお客さんは増えません。

収入につながるようにするためには、

経験を積むのとは全く違う、

「集客のための活動」

が必要になります。

これをしないでただ講座だけ開催していると、

永遠に集客に困ることになります。

・・・

こんなことを偉そうに言っている私自身、

傾聴講座を始めて最初の5年間以上、

「安くてもご縁が広がれば、仕事も増えるはず!」

といいながら、活動してきました。

でもほとんど増えませんでした。

いままでの経験がすべて無駄だったとはいいません。

でも結局、ここ数年多くの方に来ていただけるようになったのは、

「お客さんに来てもらうための活動」

を意図的に積み上げてきたからに他なりません。

縁が偶然つながって・・・だけでは、

なかなか人生は前に進みません。

下世話に聞こえるかもしれませんが、

たとえば、

BLOGを書くのも、書くことが目的ではなく、

見てくれた人がそのあとどのように行動してくれたら、

現実のお客さんになってなってくれるのか?

その仕組みをちゃんと作っているかいないかが大切です。

講座もBLOGも毎日コツコツ書くのはなぜなのか?

コツコツ続けていたらそれだけで、

お客さんが増えるなんてことは夢物語です。

仕事の目的はお金だけではありませんが、

もし、お金が欲しいなら、

お金が儲かるような方法でコツコツやらないと

きっとお金は入ってこないでしょう。

これは講師業に限らず良い結果を得るための基本として

すべてのことに通じることだと思います。

これをお読みのあなたも今何か取り組んでいることがると思います。

「何をやったらこうなるはずだ」

とビジョンが描けるような仕組みを作りながら

日々行動しているでしょうか?

一週間後、1年後、3年5年後が見えてやっているでしょうか?

「とりあえずやっているうちにご縁が広がるから・・・」

では、宝くじが当たるのを願っているのと同じで

きっと欲しい結果は得られません。

仕事でも勉強でも趣味でも、

「何が目的で、何が手段なのか?」

いまされていることの目的と手段はしっかり区別できているでしょうか?

手段が目的に変わっていませんか?

継続は力ないといいますが、

目的と手段を間違えた継続は、

もしかしたらただの時間と心の浪費で終わるかもしれません。

<お知らせ>

まだ日程は未定ですが来年の9月から
JKDA一般社団法人日本傾聴能力開発協会方で
傾聴講師の養成講座を開催予定です。

認定資格を出しますが、私の実例をお見せして
講師業の基本をすべてお伝えするので、
傾聴だけでなく講師の仕事に興味がある方はぜひお越しください。

JKDA認定傾聴サポーターの資格をお持ちの方が対象となります。
取得まで時間がかかるので、できる方はお早めに初級と上級講座を修了して
認定傾聴サポーターの資格を取得してお待ちください。

JKDAの講座は再受講が何度でもできるので、
9月まで飽きずに学び続けられるでしょう。
 ↓
http://goo.gl/QGGIY1

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」