コーチが話をきいてくれたからある問題が解決した・・・


15年ほどまえ転職するか悩んでいる時期があった。


そんなある日、

たまたま電話くれた学生時代の先輩にそのことを話したら、

俺のコーチングを受けないかと誘われた。
当時まだコーチングがなにかは知らなかったけれど、
助けてくれるのならばありがたいと
ワラをもすがる思いでお願いすることにした。
その日から、毎週水曜日の朝6時半に電話をくれることになった。
なんて親切なんだろう・・・と思った。
電話のコーチングがはじまるとまず、

「どうなれたらいいと思う?」

と質問をされた。
「それがわからなくて困っている」と伝えると、

「ではそれがわかるために今何ができそうか考えてみよう」
といわれ今できそうなことを考えるという宿題をもらった。
つぎの週の水曜日も6時半に起こしてくれた。
せっかく先輩もわざわざこのために
早起きしてくれているのだからと、
はじめのうちは頑張って宿題をやっていた。
でも仕事も夜遅く寝ていたい日もあるので、
だんだん面倒くさくなってきた。
そのうち前の日、明日の朝電話が来るのかと思うと
夜眠る前に憂鬱になった。
それでも水曜日の朝になると電話は鳴った。
「私の人生を世話してくれるのはありがたいけれども、
 あなたから電話がくると思うと気が重くなる」
・・・
とはまだ言えなかった。
そのうち携帯の電源をわざと切って寝るようにしたら
ゆっくり眠れるようになった。
でも携帯の電源を入れるときはイヤな気分がして、
案の定必ず着信履歴が残っていた。
それを見てまた憂鬱になった。
そんなことをくり返しているうちに、
だんだんと先輩も何か感じたようで
朝でないときに電話をくれて様子をきいてくれた。
「コーチングあわないみたいで、
 毎日仕事遅くてしんどくて余裕がないんです。」
と、ようやく言えた。
すると、

じゃあやめようといってくれて電話が来なくなった。

コーチが話をきいてくれたおかげで
問題が一つ解決した。
コーチングを受けたくないという問題が。
その頃にはなぜか転職の悩みはどこかに消えていた。
どうなりたいかきく前に、
言えない気持ちの方を受け止めてもらえると
ありがたいと思うことはないだろうか?
そんな私にもいまでは尊敬する
コーチングの先生がたくさんいるのはありがたい。
追伸:
言葉にならない気持ちもを受け止めるきき方に興味があるのなら
傾聴1日講座がおすすめです。
今月4月18日土曜日開催のみ出版記念特別、5千円割引で参加できます。

定員になった時点で受付け終了となります。

企業向けに、持続可能なよい聴き手を育てる聴き手育成プログラムの提供を始めました。

企業向け、「聴き手育成プログラム」はじめました。

■心の声に耳を傾けるなら
傾聴1日講座(基礎)

■脳と心を鍛える無料メール講座
手紙 傾聴のつぼ入門編
手紙 記憶のつぼ入門編

■岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
脳 初心者のための記憶術
ケーキ アクティブ・ダイエット
本 アウトプット読書法
 夢実現講座