手に入らないより失うほうが怖い心理

特に欲しいものもないまま、

なんとなく普段よく使うWebの

ショッピングサイトを見ていたら、

現在保有しているポイント数の横に

「今月中に失効するポイントがあります」

と、書かれていました。

5ポイント(5円分)。

たった5円なのに

「なくなりますよ」

と、言われると妙に気になります。

きっと脳は、同じ何かを「持っていない」状態でも、

「得ることができない」

のと、

「失う」

のとではまったく違う意味を持つようです。

はじめから持っていなければ、

「手に入りませんよ」

と、言われても、

「そうですか。でもいままでも持っていなくても問題なかったので別にかまいません。」

となるかもしれません。

でもいま所有している(つもりの)の物を

失うとなると、それが些細なものであっても、

いい気分はしません。

同じ何かを持っていない状態でも、

「喪失する」

という体験は脳に不快感を与えます。

なぜこんなにもたった5ポイントが気になるのか?

考えながらふと頭の中にわいてきた疑問、

「なぜたった5ポイントなんだろう?」

調べてみるとこの5ポイントは

私が買い物をして得たポイントではなくて、

なにかのキャンペーンで勝手に

付与されたポイントでした。

そのことを知った時思いました。

「タダで与えておいて、それを奪い取るという心理戦だったのか・・・」。

買い物して欲しい側の発想は

なかなか豊かで、巧妙です。

そんな相手の意図に気づきつつ、

・・・

たいして欲しくもなかった物を買って

5ポイントを消費したのでありました(苦笑)。

潜在意識への働きかけに勝つのは

なかなか難しいものですね。

<お知らせ>
自分の心に気づき、他の人の心にも気づく。
そんな話の聴き方に興味がある方は、
11月18日or21日の傾聴1日講座へお越しください。
 ↓
http://goo.gl/IQeefA

<お知らせ2>
アイディアを出したり、
考えをまとめたりするのに便利な
思考整理のノート術を12月23日に飯田橋で開催します。
 ↓
http://goo.gl/DapLQg

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」