分析より理解

会うことが少なかった知り合いの男性に

先日久しぶりに会ったところ

最近離婚をしたというのです。

奥さんの借金等々、

大変そうな事情は以前から耳にしていたので、

やっぱりというのが率直な感想でした。

彼いわく、

「一人の人と一生ずっといに過ごす、
 結婚というシステム自体に無理がある」

のだそうで(苦笑)。

彼の主張の正当性はともかく

(いまのところ)すっきりと

せいせいした表情が印象的でしたね。

そんな彼の様子を見たら、

離婚してないから幸せとは

限らないんだなぁと妙に納得しました。

・・・

彼を見ながらふと

もう10年位前の話ですが、

カウンセリングの学習の一環として、

夫婦のコミュニケーション講座

に参加した時のことを思い出しました。

その時講座の先生が

「アメリカでは一日に何回もパートナーに
 アイラブユーコールをするんです。
 だから日本人ももっとパートナーに
 『愛しているよ!』と伝えましょう!!!」

と言っていたことをなぜか思い出しました。

それを聞いたとき心の中で、

「マジかよ無理!」

と叫びましたね(笑)

(あなたはできますか?されていますか?)

のちにわかったことは、

その先生が言っていることが本当であったとしても、

毎日愛を伝えあっているアメリカ人のほうが、

日本より離婚率がとても高いということでした。

アメリカでは2組中1組、

日本では3組中1組の夫婦が離婚をします。

じゃあ毎日言っていた(はずの)

アイラブユーはいったい何だったのか!?

なんて、ちょっと斜に構えて

みてしまったりするのであります。

愛しているといっているからと言って

必ずしも愛が続くわけでも

離婚しないわけでもないという現実なんですね。

そのとき本当にあった愛も時間がたてば変わる。

知人の彼が言っていたことも、

一理あるなと妙に納得してしまいました。

また、

相手を「わかる」と一言で言っても、

彼の「行動の善悪がわかる」のではなくて、

いま目の前の人が感じている「気持ちをわかる」

という方法もあったりします。

相手への理解の仕方は様々あります。

彼の話をいろいろと聞きながらなんとなく、

彼が何をつらく思いいま何を思っているのかが

とてもよく分かった気がしたのでした。

あなたは他の人を「わかる」方法をいくつ持っているでしょうか?

<お知らせ>
自分の心と対話しながら、
相手の心の声を受け止める
話し方をしりたいならこちらへ。
 ↓
http://goo.gl/8xmbRX

logo1
協会認定 傾聴サポーター養成講座開催。

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」