「さらに、おいしくなりました!」の心理

自分でコンビニ時代売っていて

こういうのもなんですが、

コンビニやCMでよく目にする言葉で

好きではない・・・というか、

キライな「言葉の表現」がありまして。

それは、

「さらにおいしくなりました!」

というキャッチフレーズです。

いままであった商品が改良(リニューアル)

されて発売されたときによく使われる言葉ですね。

この言葉について、

むかしから2つの違和感を感じています。

一つ目は、単純に

「そんなにおいしくなったか?」

ということです。

たしかに、

コンビニで例えるなら20年前と比べたら

おにぎりも弁当も美味しくなったとは思います。

でも、

リニューアルするたびに必ず

美味しくなるわけでもなくて、

ただ具やパッケージを「変えた」だけ

ということも多々あるわけです。

「変える=おいしい」

じゃないよな・・・

と、当時から思っていました。

二つ目は、

ひとつ目にも関係していますが、

おいしいかどうか決めるのはそもそも

「食べた人」

であって売る側が

「おいしくなりました」

と、いうのは変だよなと思うのです。

なにか、

「これがおいしいものなんです」

と、おいしさの押し売りをされている感じがしませんか?

(私だけかも知れません)

以前、なぜ売る側はこういう言葉を使うのか?

と、真剣に考えたことがありまして。

出た結論は・・・

「美味しいと思って欲しい売る方の自己中心の願望」

というところに落ち着きました。

企業の多くは「顧客満足」「お客さんのために」

と必ず言いますが、

こういう言葉の使い方の端々に

本心というのは出てくるよなと思ったりするのですが

いかがでしょうか?

まあ・・・、

こんなに気むずかしく指摘しなくても、

「これおいしいですよ!」と言われたら、

素直に食べてみればよいだけことなんですけどもね(笑)

でも先日もこのキャッチフレーズを目にしまして、

今日はちょっと書いてみようと思ったわけでありました。

本人は隠したつもりでも、

言葉にはその人の気持ちがよく現れますね。

あなたは気になる言葉や表現がありますか?

その言葉について、深く感じ取ってみようとすると

その言葉を発した人の気持ちが想像できるかもしれません。

<お知らせ>
相手の言葉を聴きながら自分の心の言葉を聴いていく。
傾聴1日講座、今月は10月24日(土)、28日(木)開催です。
土曜日の回は残りわずかとなりました。
 ↓
http://goo.gl/RtAaT0

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」