パンドラの箱をあける

―――――――――――――――――――
傾聴体験会(※ZOOM)
・5月11日(火)10時 
・5月18日(火)10時 ※追加
・6月2日(水)20時
https://bit.ly/340LrDl
―――――――――――――――――――

いつもありがとうございます。
朝からボイトレ33分、岩松正史です。

きのうおとといと2日連続で
音声ライブ配信standFMで
60分のライブセッションを開催しました。

(岩松のスタンドFMページ https://bit.ly/3fk6vvN

昨晩は90名近い方にお越しいただき
ありがとうございます。

音声配信を始めて2ヶ月弱、
どうもうまく使いきれてない感がずっとあり
モヤモヤしていました。

・傾聴の仕方について語ったり
・心の話題について語ったり
・傾聴ビジネスの立ち上げ方について語ったり

いろいろテーマやタイトルを書いてはみたものの全くしっくり来ません。

正直だいぶ行き詰まっていました。

そんな時ちょうどGWになりまして。

出張の予定がなくなったのでおとといは
なんとなく手持ちぶさたで1日中に
5、6回ライブ配信をくり返していました。

でも・・・、たくさんやればいいというものでもなくて
何度やってもぱっとしません。

半分やけくそになっておりまして(汗)

夜中になぜかふと「パンドラの箱」を
あけようと思ったのでした。

私にとっての、パンドラの箱。

それは、カウンセリングのセッションを
オンラインで流すということです。

このメルマガブログをはじめ
YouTubeなどいろいろ
情報発信をしています。

でも、そこではやっていないことがひとつあります。

リアルのセッションを
不特定多数の人に見せることです。

私の聴き方がへたくそなのが
ばれるのが怖いと言うことじゃなくて(笑)、

個人のプライバシーに関わるかもしれない内容を
配信することにものすごく抵抗があります。

でもおとといはなぜか
「話す本人が了解しているならいいかな」
と思いまして。

以前、YouTubeでやろうと思ったときには
ものすごい抵抗感がありやめました。

でも音声配信なら顔も見えないし
名前も完全に匿名で動画よりはいい気がしました。

その環境が後押ししてくれたのかもしれません。

ダメ元でライブを立ち上げてみたら
あっという間に話したいと言う人が
出てきてくれまして。

60分のセッション終了時には
聞きに来てくださったリスナーの皆さんも
話し役の方と私にたくさん拍手(のマーク)をくれました。

なにより話し役の方がとても
喜んでくれたのがうれしかったです。

しかもアーカイブとして記録に残していいかと聞いたら、
むしろその方が嬉しいといってくださったりして。

それで味をしめて終了直後また募集をかけたら
希望者がどんどん来るので驚きました。

私がずっと自分にモヤモヤしていた1番の原因。

それは話を聴くことを売りにしているのに、
聴いている姿をうまく外に
発信することができないことでした。

自分がパンドラの箱と思っているものは、
実は宝箱かもしれない、
そんな体験をしております。

(宝物だからパンドラの箱にしたのかもしれませんが)

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたにとって
パンドラの箱はなんですか?

もしかしてそれは宝箱だったりするかも・・・。

<お知らせ>
傾聴1日講座、毎月開催中!
https://bit.ly/3pC7ER0

<<編集後記>>

毎朝散歩の途中にボイトレをします。

いつもなら15分のところ今朝は
30分以上やってしまいまして。

おかげでその後の予定がおして
朝の音声ライブ配信が
20分ほど遅れてしまいました。

それでもなじみのみなさん
元気に挨拶をしに来て下さって
うれしかったです。

その後、自宅に帰って急いで
ブログを書こうと思ったら
なんとインターネットが全滅。

今日はこのあと講座もあるので
めちゃくちゃ焦りました。

でもルーターの電源をオンオフしたら
復帰してくれたのでよかったです(セーフ!)。

インターネットケーブル1本
使えなくなっただけで人生が
終わってしまうようではいけませんね(反省)。

今日もいい1日をお過ごしください!

■ 傾聴

体験会
傾聴1日講座(基礎)
傾聴サポーター養成講座

<岩松正史の著書>
・『その聴き方では、部下は動きません。』朝日新聞出版
・『聴く力の強化書』/4刷 自由国民社


logo1

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP