聴くは喜びに変わる

きのうの続きです。

(きのう⇒http://bit.ly/2oMB4zy

21:30に新大阪に到着し、タクシーで移動したときのお話をしました。

実は、タクシーを降ろしてもらったのは

いつものホテルではなく、

ホテルから5分ほど離れたところにある

行きつけのステーキ屋の前でした。

時刻は21:50分。

電気がついていたので入ってみたら、

ラストオーダーは22時だそうで、

ギリギリ間にあってよかった。

他に店内にいた1人の客は、ちょうど私と

入れ替わりくらいで食べ終えて帰っていった。

いつものお気に入りの熟成ステーキを頼んで食べていたら、

お互い名前も知らないけれど、馴染みの店長さん

(通称:弟さん)

が近づいて来て、話し始めた。

「前回、大阪来た時に、お兄ちゃんが2月に開店した堺筋本町の肉カフェ行きましたよ。」

すると、

「あそこのハンバーガー食べました?」

「ランチステーキの肉は、ここのとはちょっと違うんです。」

詳しくは書けませんが、お店でかかるコストや店員さんの募集状況、

ランチのお客さんの回転率・・・、いろいろ教えてくれた。

コンビニ出身の私は、そういう話が大好きだった。

いろいろ話も聴いて、お腹も満たされたので、

また来ますと伝えて店を出た。

時計を見たら22:19分。

新大阪駅に新ついたのが21:33だから、

新大阪についてまだたった45分しかたっていなかった。

その短い間に、

タクシーの運転手さんとステーキ屋の店長から

たくさんの面白い話を聴き、

大好きなステーキまで食べ終えている。

まだチェックインもしていないのに、

なんて濃密な時間を過ごせているのだろう・・・。

こんなに充実した時間を過ごせたのだから、

もう帰ってもいいかもと思ったり(笑)。

それは冗談として、

さらな濃密で楽しい時間が明日から待っているに違いないと、

ワクワクせざるを得なかった。

話は聴けば喜びは増えていくばかり。

話の内容が面白いことに越したことはない。

でもそれ以上に、聴くという行為そのものが楽しくなると

人に会うのはもっと楽しくなる。

私の人生はもう楽しくなるいっぽうだ。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「話を引き出したいなら、相手の反応に興味を持って話しかけよう」

こちらから投げかける最初のひとことめは、

意外と何でもいいんですね。

大事なのは、最初に投げかけたあと、

相手からの返ってきた最初の言葉を

どう敏感に受け止められるか。

最初の一往復で、話の方向性が大きく変わります。

その受け止めがよければ、相手からいろいろ教えてくれたりします。

<お知らせ>

練習は確かに必要ですが、

聴くを苦しみから楽しみに変えていく方法は

傾聴1日講座でお伝えしています。
 ↓
http://bit.ly/2k1gHKi

<お知らせ2>

私の大阪傾聴講座は昨日終わってしまいました。

すぐ大阪で受講したい方は、

5月6日(土)に遠藤さおり先生の同じ講座にどうぞ。
 ↓
https://www.endo-keicyo.com/

 

logo1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー
・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法

著書「聴く力の強化書」 /2刷 自由国民社

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」